[/] ROCKPV Culture Club

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Culture Club - It's A Miracle

カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。バンドメンバーの外見に大きな特徴があり、他のいくつかのバンドと共に、ニューロマンティックと呼ばれる音楽ジャンルを形成したとされる。ニューロマンティックは日本のヴィジュアル系バンドの出現にも大きな影響を与えている。

バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全英1位になる。

1983年:シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位に輝く。日本でも大ヒットし、「♪カマカマカマカマ〜」と当時の小中学生が口ずさむほど馴染み深いものであった。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers) を発表、22日付け全英1位になる (のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した)。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月:3rd アルバム、シングルとリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。
グラミー賞最優秀新人賞受賞。
(Wikipediaより)

Culture Club - Victims

カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。バンドメンバーの外見に大きな特徴があり、他のいくつかのバンドと共に、ニューロマンティックと呼ばれる音楽ジャンルを形成したとされる。ニューロマンティックは日本のヴィジュアル系バンドの出現にも大きな影響を与えている。

バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全英1位になる。

1983年:シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位に輝く。日本でも大ヒットし、「♪カマカマカマカマ〜」と当時の小中学生が口ずさむほど馴染み深いものであった。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers) を発表、22日付け全英1位になる (のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した)。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月:3rd アルバム、シングルとリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。
グラミー賞最優秀新人賞受賞。
(Wikipediaより)

Culture Club - I'll Tumble 4 Ya

カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。バンドメンバーの外見に大きな特徴があり、他のいくつかのバンドと共に、ニューロマンティックと呼ばれる音楽ジャンルを形成したとされる。ニューロマンティックは日本のヴィジュアル系バンドの出現にも大きな影響を与えている。

バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全英1位になる。

1983年:シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位に輝く。日本でも大ヒットし、「♪カマカマカマカマ〜」と当時の小中学生が口ずさむほど馴染み深いものであった。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers) を発表、22日付け全英1位になる (のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した)。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月:3rd アルバム、シングルとリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。
グラミー賞最優秀新人賞受賞。
(Wikipediaより)

Culture Club - Church Of The Poison Mind

カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。バンドメンバーの外見に大きな特徴があり、他のいくつかのバンドと共に、ニューロマンティックと呼ばれる音楽ジャンルを形成したとされる。ニューロマンティックは日本のヴィジュアル系バンドの出現にも大きな影響を与えている。

バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全英1位になる。

1983年:シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位に輝く。日本でも大ヒットし、「♪カマカマカマカマ〜」と当時の小中学生が口ずさむほど馴染み深いものであった。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers) を発表、22日付け全英1位になる (のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した)。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月:3rd アルバム、シングルとリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。
グラミー賞最優秀新人賞受賞。
(Wikipediaより)

Culture Club - The War Song

カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。バンドメンバーの外見に大きな特徴があり、他のいくつかのバンドと共に、ニューロマンティックと呼ばれる音楽ジャンルを形成したとされる。ニューロマンティックは日本のヴィジュアル系バンドの出現にも大きな影響を与えている。

バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。

1982年:正式にヴァージン・レコードと契約。5月に『ホワイト・ボーイ』でデビュー。9月にLP『キッシング・トゥー・ビー・クレヴァー』、10月には『君は完璧さ』が全英1位になる。

1983年:シングル「カーマは気まぐれ」をリリースし、全英と全米で1位に輝く。日本でも大ヒットし、「♪カマカマカマカマ〜」と当時の小中学生が口ずさむほど馴染み深いものであった。10月に2nd アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』(Colour by Numbers) を発表、22日付け全英1位になる (のちに日本のオリコンLPチャートでも1位になる。日本のオリコン洋楽アルバムチャートでは1983年12月5日付から4週連続1位を獲得した)。

1984年:『カラー・バイ・ナンバーズ』からシングルカットした曲は大セールスを記録した。6月:2度目の来日公演は大成功を収める。映画「エレクトリック・ドリーム」から『ラブ・イズ・ラブ』発表。10月:3rd アルバム、シングルとリリースしたが前作以上のヒットには恵まれなかった。
グラミー賞最優秀新人賞受賞。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト