[/] ROCKPV Van Der Graaf Generator

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Van Der Graaf Generator - Cat's Eye, Yellow Fever YouTube 動画

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator)はイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。VDGGと略して呼ばれることも多い。

1967年に結成。ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面に出しつつ、演劇的で抑揚に富むヴォーカルとそれに呼応する複雑でエキセントリックな展開を持たせた音楽性がイタリア等で人気を得る。

72年解散、74年再結成、77年バンド名をヴァン・ダー・グラーフに変更、78年解散を経て2004年に再び復活した。 2008年には初来日公演を行った。

ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面的に出したサウンド。多彩なヴォーカルをストーリー性のために奉仕させる歌詞偏重的なスタンスはハミルのソロ・ワークにおいても踏襲されている。

結成時~1stまでは、サイケデリック・ロック要素が強く、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンの影響も見られる。バントンのオルガン/ピアノ、エリスのゴリゴリしたベースが特徴的。

1969年~1972年までは、バントンの教会音楽風のオルガンとジャクソンのサックス/フルート(特にテナーとアルト二本のサックスを同時に吹き鳴らすダブル・ホーンが特徴的)を核としたサウンドである。

1974年~1976年では、バントンのオルガンとジャクソンのサックス/フルートに加えてハミルのエレクトリック・ギターの比重が増えてきた。(技巧的ではないが独自性は高く、バンドサウンドに合致したアトモスフェアを演出している)

1977年~1978年のヴァン・ダー・グラーフ時代には、バントンとジャクソンが脱退してしまったため、グレアム・スミスのヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドに変化した。 この時期のライヴではハミルのギター、ポッターのベースともにかなりアグレッシヴな演奏となっており(パンクムーヴメントの最中に早くもポストパンク的なアプローチをとっていたことは注目に値する)、このサウンドは後にハミルが結成するKグループに引き継がれている。

2007年以降はジャクソンが脱退したため、ハミル、バントン、エヴァンスのトリオと言う今までにない編成になった。そのため演奏面ではバントンのオルガンとハミルのギター/ピアノを核としたサウンドになった。(Wikipediaより引用)

Van Der Graaf Generator - Darkness YouTube 動画

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator)はイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。VDGGと略して呼ばれることも多い。

1967年に結成。ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面に出しつつ、演劇的で抑揚に富むヴォーカルとそれに呼応する複雑でエキセントリックな展開を持たせた音楽性がイタリア等で人気を得る。

72年解散、74年再結成、77年バンド名をヴァン・ダー・グラーフに変更、78年解散を経て2004年に再び復活した。 2008年には初来日公演を行った。

ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面的に出したサウンド。多彩なヴォーカルをストーリー性のために奉仕させる歌詞偏重的なスタンスはハミルのソロ・ワークにおいても踏襲されている。

結成時~1stまでは、サイケデリック・ロック要素が強く、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンの影響も見られる。バントンのオルガン/ピアノ、エリスのゴリゴリしたベースが特徴的。

1969年~1972年までは、バントンの教会音楽風のオルガンとジャクソンのサックス/フルート(特にテナーとアルト二本のサックスを同時に吹き鳴らすダブル・ホーンが特徴的)を核としたサウンドである。

1974年~1976年では、バントンのオルガンとジャクソンのサックス/フルートに加えてハミルのエレクトリック・ギターの比重が増えてきた。(技巧的ではないが独自性は高く、バンドサウンドに合致したアトモスフェアを演出している)

1977年~1978年のヴァン・ダー・グラーフ時代には、バントンとジャクソンが脱退してしまったため、グレアム・スミスのヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドに変化した。 この時期のライヴではハミルのギター、ポッターのベースともにかなりアグレッシヴな演奏となっており(パンクムーヴメントの最中に早くもポストパンク的なアプローチをとっていたことは注目に値する)、このサウンドは後にハミルが結成するKグループに引き継がれている。

2007年以降はジャクソンが脱退したため、ハミル、バントン、エヴァンスのトリオと言う今までにない編成になった。そのため演奏面ではバントンのオルガンとハミルのギター/ピアノを核としたサウンドになった。(Wikipediaより引用)

Van Der Graaf Generator - Pilgrims YouTube 動画

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator)はイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。VDGGと略して呼ばれることも多い。

1967年に結成。ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面に出しつつ、演劇的で抑揚に富むヴォーカルとそれに呼応する複雑でエキセントリックな展開を持たせた音楽性がイタリア等で人気を得る。

72年解散、74年再結成、77年バンド名をヴァン・ダー・グラーフに変更、78年解散を経て2004年に再び復活した。 2008年には初来日公演を行った。

ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面的に出したサウンド。多彩なヴォーカルをストーリー性のために奉仕させる歌詞偏重的なスタンスはハミルのソロ・ワークにおいても踏襲されている。

結成時~1stまでは、サイケデリック・ロック要素が強く、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンの影響も見られる。バントンのオルガン/ピアノ、エリスのゴリゴリしたベースが特徴的。

1969年~1972年までは、バントンの教会音楽風のオルガンとジャクソンのサックス/フルート(特にテナーとアルト二本のサックスを同時に吹き鳴らすダブル・ホーンが特徴的)を核としたサウンドである。

1974年~1976年では、バントンのオルガンとジャクソンのサックス/フルートに加えてハミルのエレクトリック・ギターの比重が増えてきた。(技巧的ではないが独自性は高く、バンドサウンドに合致したアトモスフェアを演出している)

1977年~1978年のヴァン・ダー・グラーフ時代には、バントンとジャクソンが脱退してしまったため、グレアム・スミスのヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドに変化した。 この時期のライヴではハミルのギター、ポッターのベースともにかなりアグレッシヴな演奏となっており(パンクムーヴメントの最中に早くもポストパンク的なアプローチをとっていたことは注目に値する)、このサウンドは後にハミルが結成するKグループに引き継がれている。

2007年以降はジャクソンが脱退したため、ハミル、バントン、エヴァンスのトリオと言う今までにない編成になった。そのため演奏面ではバントンのオルガンとハミルのギター/ピアノを核としたサウンドになった。(Wikipediaより引用)

Van Der Graaf Generator - Theme One You Tube 動画

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator)はイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。VDGGと略して呼ばれることも多い。

1967年に結成。ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面に出しつつ、演劇的で抑揚に富むヴォーカルとそれに呼応する複雑でエキセントリックな展開を持たせた音楽性がイタリア等で人気を得る。

72年解散、74年再結成、77年バンド名をヴァン・ダー・グラーフに変更、78年解散を経て2004年に再び復活した。 2008年には初来日公演を行った。

ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面的に出したサウンド。多彩なヴォーカルをストーリー性のために奉仕させる歌詞偏重的なスタンスはハミルのソロ・ワークにおいても踏襲されている。

結成時~1stまでは、サイケデリック・ロック要素が強く、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンの影響も見られる。バントンのオルガン/ピアノ、エリスのゴリゴリしたベースが特徴的。

1969年~1972年までは、バントンの教会音楽風のオルガンとジャクソンのサックス/フルート(特にテナーとアルト二本のサックスを同時に吹き鳴らすダブル・ホーンが特徴的)を核としたサウンドである。

1974年~1976年では、バントンのオルガンとジャクソンのサックス/フルートに加えてハミルのエレクトリック・ギターの比重が増えてきた。(技巧的ではないが独自性は高く、バンドサウンドに合致したアトモスフェアを演出している)

1977年~1978年のヴァン・ダー・グラーフ時代には、バントンとジャクソンが脱退してしまったため、グレアム・スミスのヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドに変化した。 この時期のライヴではハミルのギター、ポッターのベースともにかなりアグレッシヴな演奏となっており(パンクムーヴメントの最中に早くもポストパンク的なアプローチをとっていたことは注目に値する)、このサウンドは後にハミルが結成するKグループに引き継がれている。

2007年以降はジャクソンが脱退したため、ハミル、バントン、エヴァンスのトリオと言う今までにない編成になった。そのため演奏面ではバントンのオルガンとハミルのギター/ピアノを核としたサウンドになった。(Wikipediaより引用)

Van der Graaf Generator - A Plague of Lighthouse Keepers YouTube 動画

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター (Van Der Graaf Generator)はイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。VDGGと略して呼ばれることも多い。

1967年に結成。ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面に出しつつ、演劇的で抑揚に富むヴォーカルとそれに呼応する複雑でエキセントリックな展開を持たせた音楽性がイタリア等で人気を得る。

72年解散、74年再結成、77年バンド名をヴァン・ダー・グラーフに変更、78年解散を経て2004年に再び復活した。 2008年には初来日公演を行った。

ピーター・ハミル(vo)による内省的且つ哲学的な歌詞を前面的に出したサウンド。多彩なヴォーカルをストーリー性のために奉仕させる歌詞偏重的なスタンスはハミルのソロ・ワークにおいても踏襲されている。

結成時~1stまでは、サイケデリック・ロック要素が強く、クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンの影響も見られる。バントンのオルガン/ピアノ、エリスのゴリゴリしたベースが特徴的。

1969年~1972年までは、バントンの教会音楽風のオルガンとジャクソンのサックス/フルート(特にテナーとアルト二本のサックスを同時に吹き鳴らすダブル・ホーンが特徴的)を核としたサウンドである。

1974年~1976年では、バントンのオルガンとジャクソンのサックス/フルートに加えてハミルのエレクトリック・ギターの比重が増えてきた。(技巧的ではないが独自性は高く、バンドサウンドに合致したアトモスフェアを演出している)

1977年~1978年のヴァン・ダー・グラーフ時代には、バントンとジャクソンが脱退してしまったため、グレアム・スミスのヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドに変化した。 この時期のライヴではハミルのギター、ポッターのベースともにかなりアグレッシヴな演奏となっており(パンクムーヴメントの最中に早くもポストパンク的なアプローチをとっていたことは注目に値する)、このサウンドは後にハミルが結成するKグループに引き継がれている。

2007年以降はジャクソンが脱退したため、ハミル、バントン、エヴァンスのトリオと言う今までにない編成になった。そのため演奏面ではバントンのオルガンとハミルのギター/ピアノを核としたサウンドになった。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター