[/] ROCKPV Siouxsie & the Banshees

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Siouxsie And The Banshees - Spellbound YouTube 動画

スージー・アンド・ザ・バンシーズ (Siouxsie & the Banshees) は、女性ボーカルのスージー・スー (Siouxsie Sioux) を中心として1976年に結成されたイギリスのパンク、ニュー・ウェイヴのバンド。日本ではスジバンとも略される。1996年に解散。2002年に再結成してツアーを行い、ライブ・アルバムを発表。

その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。初期のストレートなパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。

元セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。

デビューライブではシド・ヴィシャスがドラムを叩いている。

ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。

バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている バンシーから取られている。スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものである。また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名である。
(Wikipediaより引用)

Siouxsie And The Banshees - Hong Kong Garden YouTube 動画

スージー・アンド・ザ・バンシーズ (Siouxsie & the Banshees) は、女性ボーカルのスージー・スー (Siouxsie Sioux) を中心として1976年に結成されたイギリスのパンク、ニュー・ウェイヴのバンド。日本ではスジバンとも略される。1996年に解散。2002年に再結成してツアーを行い、ライブ・アルバムを発表。

その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。初期のストレートなパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。

元セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。

デビューライブではシド・ヴィシャスがドラムを叩いている。

ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。

バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている バンシーから取られている。スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものである。また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名である。
(Wikipediaより引用)



Siouxsie And The Banshees - Cities in Dust YouTube 動画

スージー・アンド・ザ・バンシーズ (Siouxsie & the Banshees) は、女性ボーカルのスージー・スー (Siouxsie Sioux) を中心として1976年に結成されたイギリスのパンク、ニュー・ウェイヴのバンド。日本ではスジバンとも略される。1996年に解散。2002年に再結成してツアーを行い、ライブ・アルバムを発表。

その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。初期のストレートなパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。

元セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。

デビューライブではシド・ヴィシャスがドラムを叩いている。

ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。

バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている バンシーから取られている。スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものである。また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名である。
(Wikipediaより引用)

Siouxsie And The Banshees - Spellbound YouTube 動画

スージー・アンド・ザ・バンシーズ (Siouxsie & the Banshees) は、女性ボーカルのスージー・スー (Siouxsie Sioux) を中心として1976年に結成されたイギリスのパンク、ニュー・ウェイヴのバンド。日本ではスジバンとも略される。1996年に解散。2002年に再結成してツアーを行い、ライブ・アルバムを発表。

その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。初期のストレートなパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。

元セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。

デビューライブではシド・ヴィシャスがドラムを叩いている。

ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。

バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている バンシーから取られている。スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものである。また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名である。
(Wikipediaより引用)

Siouxsie And The Banshees - Happy House YouTube 動画

スージー・アンド・ザ・バンシーズ (Siouxsie & the Banshees) は、女性ボーカルのスージー・スー (Siouxsie Sioux) を中心として1976年に結成されたイギリスのパンク、ニュー・ウェイヴのバンド。日本ではスジバンとも略される。1996年に解散。2002年に再結成してツアーを行い、ライブ・アルバムを発表。

その音楽性は、活動時期によって多様性に富んでいる。初期のストレートなパンクから出発して、中期には呪術的とも評されたサイケデリック色を強めた独自のサウンドを構築したが、後期にはスージー・スーのボーカルがより重視されるようになった。

元セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。

デビューライブではシド・ヴィシャスがドラムを叩いている。

ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。

バンシーズは、アイルランドおよびスコットランドに伝わる女の妖精であり、家人の死を予告すると言われている バンシーから取られている。スージー・スーの名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものである。また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名である。
(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター