[/] ROCKPV AC/DC

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

AC/DC - You Shook Me All Night Long

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリア出身のロックバンド。

アンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国を代表するグループとして世界的な知名度を誇り、一貫したロックンロール・スタイルが幅広く支持されている。

2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンがカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスのグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で5300万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作(1位のマイケル・ジャクソン『スリラー』に次いで全世界で歴代2番目に売れたアルバム、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバム)となっている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。(wikipediaより)

AC/DC - Hail Caesar

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリア出身のロックバンド。

アンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国を代表するグループとして世界的な知名度を誇り、一貫したロックンロール・スタイルが幅広く支持されている。

2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンがカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスのグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で5300万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作(1位のマイケル・ジャクソン『スリラー』に次いで全世界で歴代2番目に売れたアルバム、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバム)となっている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。(wikipediaより)

AC/DC - Satellite Blues

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリア出身のロックバンド。

アンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国を代表するグループとして世界的な知名度を誇り、一貫したロックンロール・スタイルが幅広く支持されている。

2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンがカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスのグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で5300万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作(1位のマイケル・ジャクソン『スリラー』に次いで全世界で歴代2番目に売れたアルバム、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバム)となっている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。(wikipediaより)

AC/DC - Who Made Who

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリア出身のロックバンド。

アンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国を代表するグループとして世界的な知名度を誇り、一貫したロックンロール・スタイルが幅広く支持されている。

2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンがカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスのグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で5300万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作(1位のマイケル・ジャクソン『スリラー』に次いで全世界で歴代2番目に売れたアルバム、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバム)となっている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。(wikipediaより)

AC/DC - Heatseeker

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリア出身のロックバンド。

アンガス、マルコムのヤング兄弟を中心に結成。同国を代表するグループとして世界的な知名度を誇り、一貫したロックンロール・スタイルが幅広く支持されている。

2003年『ロックの殿堂』入り。2010年度『グラミー賞』受賞。ローリング・ストーン誌選定「歴史上最も偉大な100組」第72位。

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンがカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスのグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で5300万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作(1位のマイケル・ジャクソン『スリラー』に次いで全世界で歴代2番目に売れたアルバム、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバム)となっている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。(wikipediaより)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト