[/] ROCKPV Def Leppard

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Def Leppard - Hysteria

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスのロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーン、ブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。

全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。
(Wikipediaより)

Def Leppard- We Belong

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスのロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーン、ブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。

全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。
(Wikipediaより)

Def Leppard - Animal

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスのロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーン、ブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。

全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。
(Wikipediaより)

Def Leppard-Two Steps Behind

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスのロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーン、ブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。

全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。
(Wikipediaより)

Def Leppard-Lets Get Rocked

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスのロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーン、ブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。

全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト