[/] ROCKPV Antony And The Johnsons

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Antony and The Johnsons - Thank You For Your Love

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ (Antony & the Johnsons) は、イギリス人ミュージシャン、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty) による音楽プロジェクト、バンド。

ヴォーカルのアントニー・ヘガティが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位にランクインしている。

2000年、イギリスのレーベルDurtroより、デビュー・アルバム『Antony and the Johnsons』を発表。翌2001年にリリースしたEP『I Fell in Love With a Dead Boy』がプロデューサーのハル・ウィルナーの目に留まり、ウィルナーを通じてルー・リードに紹介される。2003年、ルー・リードの世界ツアーでバッキング・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加した。

2005年、2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』をリリース。マーキュリー・プライズを受賞した。MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。

2009年、3rdアルバム『クライング・ライト』をリリース。アルバムジャケットに敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真を起用した。音楽メディアの年間ベストアルバム・リストでは、ピッチフォークで16位[3]、Spinで18位[4]、Stereogumで50位に選ばれた。

2010年、4thアルバム『スワンライツ』をリリース。Stereogumの年間ベストアルバム・リストで8位に選ばれた。

2012年、ライブアルバム『カット・ザ・ワールド』をラフ・トレード・レコードからリリース。(Wikipediaより)

Antony and the Johnsons - The Spirit Was Gone

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ (Antony & the Johnsons) は、イギリス人ミュージシャン、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty) による音楽プロジェクト、バンド。

ヴォーカルのアントニー・ヘガティが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位にランクインしている。

2000年、イギリスのレーベルDurtroより、デビュー・アルバム『Antony and the Johnsons』を発表。翌2001年にリリースしたEP『I Fell in Love With a Dead Boy』がプロデューサーのハル・ウィルナーの目に留まり、ウィルナーを通じてルー・リードに紹介される。2003年、ルー・リードの世界ツアーでバッキング・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加した。

2005年、2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』をリリース。マーキュリー・プライズを受賞した。MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。

2009年、3rdアルバム『クライング・ライト』をリリース。アルバムジャケットに敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真を起用した。音楽メディアの年間ベストアルバム・リストでは、ピッチフォークで16位[3]、Spinで18位[4]、Stereogumで50位に選ばれた。

2010年、4thアルバム『スワンライツ』をリリース。Stereogumの年間ベストアルバム・リストで8位に選ばれた。

2012年、ライブアルバム『カット・ザ・ワールド』をラフ・トレード・レコードからリリース。(Wikipediaより)

Antony and the Johnsons - Hope There's Someone

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ (Antony & the Johnsons) は、イギリス人ミュージシャン、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty) による音楽プロジェクト、バンド。

ヴォーカルのアントニー・ヘガティが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位にランクインしている。

2000年、イギリスのレーベルDurtroより、デビュー・アルバム『Antony and the Johnsons』を発表。翌2001年にリリースしたEP『I Fell in Love With a Dead Boy』がプロデューサーのハル・ウィルナーの目に留まり、ウィルナーを通じてルー・リードに紹介される。2003年、ルー・リードの世界ツアーでバッキング・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加した。

2005年、2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』をリリース。マーキュリー・プライズを受賞した。MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。

2009年、3rdアルバム『クライング・ライト』をリリース。アルバムジャケットに敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真を起用した。音楽メディアの年間ベストアルバム・リストでは、ピッチフォークで16位[3]、Spinで18位[4]、Stereogumで50位に選ばれた。

2010年、4thアルバム『スワンライツ』をリリース。Stereogumの年間ベストアルバム・リストで8位に選ばれた。

2012年、ライブアルバム『カット・ザ・ワールド』をラフ・トレード・レコードからリリース。(Wikipediaより引用)

Antony and the Johnsons - Bird Gerhl

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ (Antony & the Johnsons) は、イギリス人ミュージシャン、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty) による音楽プロジェクト、バンド。

ヴォーカルのアントニー・ヘガティが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位にランクインしている。

2000年、イギリスのレーベルDurtroより、デビュー・アルバム『Antony and the Johnsons』を発表。翌2001年にリリースしたEP『I Fell in Love With a Dead Boy』がプロデューサーのハル・ウィルナーの目に留まり、ウィルナーを通じてルー・リードに紹介される。2003年、ルー・リードの世界ツアーでバッキング・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加した。

2005年、2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』をリリース。マーキュリー・プライズを受賞した。MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。

2009年、3rdアルバム『クライング・ライト』をリリース。アルバムジャケットに敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真を起用した。音楽メディアの年間ベストアルバム・リストでは、ピッチフォークで16位[3]、Spinで18位[4]、Stereogumで50位に選ばれた。

2010年、4thアルバム『スワンライツ』をリリース。Stereogumの年間ベストアルバム・リストで8位に選ばれた。

2012年、ライブアルバム『カット・ザ・ワールド』をラフ・トレード・レコードからリリース。(Wikipediaより引用)

Antony and the Johnsons - Epilepsy Is Dancing

アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ (Antony & the Johnsons) は、イギリス人ミュージシャン、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty) による音楽プロジェクト、バンド。

ヴォーカルのアントニー・ヘガティが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第68位にランクインしている。

2000年、イギリスのレーベルDurtroより、デビュー・アルバム『Antony and the Johnsons』を発表。翌2001年にリリースしたEP『I Fell in Love With a Dead Boy』がプロデューサーのハル・ウィルナーの目に留まり、ウィルナーを通じてルー・リードに紹介される。2003年、ルー・リードの世界ツアーでバッキング・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加した。

2005年、2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』をリリース。マーキュリー・プライズを受賞した。MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。

2009年、3rdアルバム『クライング・ライト』をリリース。アルバムジャケットに敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真を起用した。音楽メディアの年間ベストアルバム・リストでは、ピッチフォークで16位[3]、Spinで18位[4]、Stereogumで50位に選ばれた。

2010年、4thアルバム『スワンライツ』をリリース。Stereogumの年間ベストアルバム・リストで8位に選ばれた。

2012年、ライブアルバム『カット・ザ・ワールド』をラフ・トレード・レコードからリリース。(Wikipediaより)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト