[/] ROCKPV Animal Collective

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Animal Collective - Water Curses

アニマル・コレクティヴ (Animal Collective) は、アメリカ合衆国ボルチモア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動しているインディー・ロックバンド。ポスト・ロック、エレクトロニカ、サイケデリック、フォーク、ノイズ・ポップなど、ポップと前衛を自在に行き来する実験的な音楽を特徴とする。

キャリア初期はフリー・フォークの旗手として知られ、現在はエクスペリメンタル・ミュージックのトップランナーとして活動している。メンバーは4人だが、作品ごとに参加しないメンバーがいるなど活動形態が一定でない。各メンバーはアニマル・コレクティブの作品以外にも、ソロ名義の作品やスプリット作品なども旺盛にリリースしている。また自らのレーベルとしてポウ・トラックス(Paw Tracks)を主宰し、自分達以外のアーティストの作品も積極的に発表している。

2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。

2007年9月、ドミノ・レコーズと契約し7thアルバム『ストロベリー・ジャム』をリリース、全米ビルボードチャートで72位となった。前作からのエクスペリメンタルな要素が強まり、多くの音楽メディアから高く評価された。

また、この年の3月にはパンダ・ベアが3枚目のソロアルバム『Person Pitch』をリリースし、成功をおさめている。
(Wikipediaより)

Animal Collective - In The Flowers

アニマル・コレクティヴ (Animal Collective) は、アメリカ合衆国ボルチモア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動しているインディー・ロックバンド。ポスト・ロック、エレクトロニカ、サイケデリック、フォーク、ノイズ・ポップなど、ポップと前衛を自在に行き来する実験的な音楽を特徴とする。

キャリア初期はフリー・フォークの旗手として知られ、現在はエクスペリメンタル・ミュージックのトップランナーとして活動している。メンバーは4人だが、作品ごとに参加しないメンバーがいるなど活動形態が一定でない。各メンバーはアニマル・コレクティブの作品以外にも、ソロ名義の作品やスプリット作品なども旺盛にリリースしている。また自らのレーベルとしてポウ・トラックス(Paw Tracks)を主宰し、自分達以外のアーティストの作品も積極的に発表している。

2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。

2007年9月、ドミノ・レコーズと契約し7thアルバム『ストロベリー・ジャム』をリリース、全米ビルボードチャートで72位となった。前作からのエクスペリメンタルな要素が強まり、多くの音楽メディアから高く評価された。

また、この年の3月にはパンダ・ベアが3枚目のソロアルバム『Person Pitch』をリリースし、成功をおさめている。
(Wikipediaより)

Animal Collective - Bluish

アニマル・コレクティヴ (Animal Collective) は、アメリカ合衆国ボルチモア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動しているインディー・ロックバンド。ポスト・ロック、エレクトロニカ、サイケデリック、フォーク、ノイズ・ポップなど、ポップと前衛を自在に行き来する実験的な音楽を特徴とする。

キャリア初期はフリー・フォークの旗手として知られ、現在はエクスペリメンタル・ミュージックのトップランナーとして活動している。メンバーは4人だが、作品ごとに参加しないメンバーがいるなど活動形態が一定でない。各メンバーはアニマル・コレクティブの作品以外にも、ソロ名義の作品やスプリット作品なども旺盛にリリースしている。また自らのレーベルとしてポウ・トラックス(Paw Tracks)を主宰し、自分達以外のアーティストの作品も積極的に発表している。

2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。

2007年9月、ドミノ・レコーズと契約し7thアルバム『ストロベリー・ジャム』をリリース、全米ビルボードチャートで72位となった。前作からのエクスペリメンタルな要素が強まり、多くの音楽メディアから高く評価された。

また、この年の3月にはパンダ・ベアが3枚目のソロアルバム『Person Pitch』をリリースし、成功をおさめている。
(Wikipediaより)

Animal Collective - Kinda Bonkers

アニマル・コレクティヴ (Animal Collective) は、アメリカ合衆国ボルチモア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動しているインディー・ロックバンド。ポスト・ロック、エレクトロニカ、サイケデリック、フォーク、ノイズ・ポップなど、ポップと前衛を自在に行き来する実験的な音楽を特徴とする。

キャリア初期はフリー・フォークの旗手として知られ、現在はエクスペリメンタル・ミュージックのトップランナーとして活動している。メンバーは4人だが、作品ごとに参加しないメンバーがいるなど活動形態が一定でない。各メンバーはアニマル・コレクティブの作品以外にも、ソロ名義の作品やスプリット作品なども旺盛にリリースしている。また自らのレーベルとしてポウ・トラックス(Paw Tracks)を主宰し、自分達以外のアーティストの作品も積極的に発表している。

2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。

2007年9月、ドミノ・レコーズと契約し7thアルバム『ストロベリー・ジャム』をリリース、全米ビルボードチャートで72位となった。前作からのエクスペリメンタルな要素が強まり、多くの音楽メディアから高く評価された。

また、この年の3月にはパンダ・ベアが3枚目のソロアルバム『Person Pitch』をリリースし、成功をおさめている。
(Wikipediaより)

Animal Collective - Today's Supernatural

アニマル・コレクティヴ (Animal Collective) は、アメリカ合衆国ボルチモア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動しているインディー・ロックバンド。ポスト・ロック、エレクトロニカ、サイケデリック、フォーク、ノイズ・ポップなど、ポップと前衛を自在に行き来する実験的な音楽を特徴とする。

キャリア初期はフリー・フォークの旗手として知られ、現在はエクスペリメンタル・ミュージックのトップランナーとして活動している。メンバーは4人だが、作品ごとに参加しないメンバーがいるなど活動形態が一定でない。各メンバーはアニマル・コレクティブの作品以外にも、ソロ名義の作品やスプリット作品なども旺盛にリリースしている。また自らのレーベルとしてポウ・トラックス(Paw Tracks)を主宰し、自分達以外のアーティストの作品も積極的に発表している。

2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。

2007年9月、ドミノ・レコーズと契約し7thアルバム『ストロベリー・ジャム』をリリース、全米ビルボードチャートで72位となった。前作からのエクスペリメンタルな要素が強まり、多くの音楽メディアから高く評価された。

また、この年の3月にはパンダ・ベアが3枚目のソロアルバム『Person Pitch』をリリースし、成功をおさめている。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト