[/] ROCKPV Generation X

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Generation X - Wild Youth

ジェネレーションX(Generation X、Gen Xとしても知られる)はイングランドのパンク・ロックバンド。

1976年10月21日にビリー・アイドル、トニー・ジェイムスとジョン・タウ(「トウ」と表記される)により結成された。

デビュー・シングル「ユア・ジェネレーション」を発表する前にオルタナティヴTVに移り、元サブウェイ・セクトのマーク・ラフに交代。このメンバー構成で最初の2枚のアルバム、セルフタイトルアルバム『ジェネレーションX』(1977)と『人形の谷』(1979)をレコーディングした。

メンバー全員のルックスのよさから、パンク隆盛時には例外的なアイドル人気を獲得。BBCの人気音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初めて出演したパンク・バンドの1つでもある。

他のパンク・バンドと違い、ジェネレーションXはイギリスのパンクバンドが取り込む「ルール」や「理想」を無視し、1960年代のブリティッシュ・ポップからの影響を取り入れた。1977年、ジョン・レノンの「真実が欲しい」をカヴァー、1979年にはグラムロック時代に人気を博したモット・ザ・フープルのメンバー、イアン・ハンターと手を組み、セカンドアルバム『人形の谷』のプロデュースを任せた。

メンバー間の音楽性の違いの解決には苦労があった。彼等はヘヴィなロック・サウンドを追い求めていたが、そのルーツはパンクに留めておきたかった。

3枚目のアルバム(数十年後にボックスセット『甘い復讐』の一部としてようやくリリースされた)レコーディング中の1979年に、この問題は頂点に達した。

1980年にアンドリュースとラフはバンドを去り(その後有力なポスト・パンクバンド“エンパイア”を結成)、替わりにザ・クラッシュ、カウボーイ・インターナショナルの元ドラマー、テリー・チャイムズと元チェルシーのギタリスト、ジェームズ・スティーヴンソンが加入した。

ジェネレーションXは新曲だけでなく『甘い復讐』の素材の再録音といった最後の抵抗をする。最後のアルバム『キス・ミー・デッドリー』はバンド名を "Gen X" と略して発表した。

『キス・ミー・デッドリー』には『甘い復讐』の1部としてアンドリュース、ラフ(共同作曲者でもある)と録音したヴァージョンの「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」も含まれている。アイドルは後にソロミュージシャンとしてこの曲をカヴァーし、そのキャリアの開始をヒットで飾った。
(Wikipediaより)

Generation X-King rocker

ジェネレーションX(Generation X、Gen Xとしても知られる)はイングランドのパンク・ロックバンド。

1976年10月21日にビリー・アイドル、トニー・ジェイムスとジョン・タウ(「トウ」と表記される)により結成された。

デビュー・シングル「ユア・ジェネレーション」を発表する前にオルタナティヴTVに移り、元サブウェイ・セクトのマーク・ラフに交代。このメンバー構成で最初の2枚のアルバム、セルフタイトルアルバム『ジェネレーションX』(1977)と『人形の谷』(1979)をレコーディングした。

メンバー全員のルックスのよさから、パンク隆盛時には例外的なアイドル人気を獲得。BBCの人気音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初めて出演したパンク・バンドの1つでもある。

他のパンク・バンドと違い、ジェネレーションXはイギリスのパンクバンドが取り込む「ルール」や「理想」を無視し、1960年代のブリティッシュ・ポップからの影響を取り入れた。1977年、ジョン・レノンの「真実が欲しい」をカヴァー、1979年にはグラムロック時代に人気を博したモット・ザ・フープルのメンバー、イアン・ハンターと手を組み、セカンドアルバム『人形の谷』のプロデュースを任せた。

メンバー間の音楽性の違いの解決には苦労があった。彼等はヘヴィなロック・サウンドを追い求めていたが、そのルーツはパンクに留めておきたかった。

3枚目のアルバム(数十年後にボックスセット『甘い復讐』の一部としてようやくリリースされた)レコーディング中の1979年に、この問題は頂点に達した。

1980年にアンドリュースとラフはバンドを去り(その後有力なポスト・パンクバンド“エンパイア”を結成)、替わりにザ・クラッシュ、カウボーイ・インターナショナルの元ドラマー、テリー・チャイムズと元チェルシーのギタリスト、ジェームズ・スティーヴンソンが加入した。

ジェネレーションXは新曲だけでなく『甘い復讐』の素材の再録音といった最後の抵抗をする。最後のアルバム『キス・ミー・デッドリー』はバンド名を "Gen X" と略して発表した。

『キス・ミー・デッドリー』には『甘い復讐』の1部としてアンドリュース、ラフ(共同作曲者でもある)と録音したヴァージョンの「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」も含まれている。アイドルは後にソロミュージシャンとしてこの曲をカヴァーし、そのキャリアの開始をヒットで飾った。
(Wikipediaより)

Generation X - Save My Life

ジェネレーションX(Generation X、Gen Xとしても知られる)はイングランドのパンク・ロックバンド。

1976年10月21日にビリー・アイドル、トニー・ジェイムスとジョン・タウ(「トウ」と表記される)により結成された。

デビュー・シングル「ユア・ジェネレーション」を発表する前にオルタナティヴTVに移り、元サブウェイ・セクトのマーク・ラフに交代。このメンバー構成で最初の2枚のアルバム、セルフタイトルアルバム『ジェネレーションX』(1977)と『人形の谷』(1979)をレコーディングした。

メンバー全員のルックスのよさから、パンク隆盛時には例外的なアイドル人気を獲得。BBCの人気音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初めて出演したパンク・バンドの1つでもある。

他のパンク・バンドと違い、ジェネレーションXはイギリスのパンクバンドが取り込む「ルール」や「理想」を無視し、1960年代のブリティッシュ・ポップからの影響を取り入れた。1977年、ジョン・レノンの「真実が欲しい」をカヴァー、1979年にはグラムロック時代に人気を博したモット・ザ・フープルのメンバー、イアン・ハンターと手を組み、セカンドアルバム『人形の谷』のプロデュースを任せた。

メンバー間の音楽性の違いの解決には苦労があった。彼等はヘヴィなロック・サウンドを追い求めていたが、そのルーツはパンクに留めておきたかった。

3枚目のアルバム(数十年後にボックスセット『甘い復讐』の一部としてようやくリリースされた)レコーディング中の1979年に、この問題は頂点に達した。

1980年にアンドリュースとラフはバンドを去り(その後有力なポスト・パンクバンド“エンパイア”を結成)、替わりにザ・クラッシュ、カウボーイ・インターナショナルの元ドラマー、テリー・チャイムズと元チェルシーのギタリスト、ジェームズ・スティーヴンソンが加入した。

ジェネレーションXは新曲だけでなく『甘い復讐』の素材の再録音といった最後の抵抗をする。最後のアルバム『キス・ミー・デッドリー』はバンド名を "Gen X" と略して発表した。

『キス・ミー・デッドリー』には『甘い復讐』の1部としてアンドリュース、ラフ(共同作曲者でもある)と録音したヴァージョンの「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」も含まれている。アイドルは後にソロミュージシャンとしてこの曲をカヴァーし、そのキャリアの開始をヒットで飾った。
(Wikipediaより)

Generation X - Your Generation

ジェネレーションX(Generation X、Gen Xとしても知られる)はイングランドのパンク・ロックバンド。

1976年10月21日にビリー・アイドル、トニー・ジェイムスとジョン・タウ(「トウ」と表記される)により結成された。

デビュー・シングル「ユア・ジェネレーション」を発表する前にオルタナティヴTVに移り、元サブウェイ・セクトのマーク・ラフに交代。このメンバー構成で最初の2枚のアルバム、セルフタイトルアルバム『ジェネレーションX』(1977)と『人形の谷』(1979)をレコーディングした。

メンバー全員のルックスのよさから、パンク隆盛時には例外的なアイドル人気を獲得。BBCの人気音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初めて出演したパンク・バンドの1つでもある。

他のパンク・バンドと違い、ジェネレーションXはイギリスのパンクバンドが取り込む「ルール」や「理想」を無視し、1960年代のブリティッシュ・ポップからの影響を取り入れた。1977年、ジョン・レノンの「真実が欲しい」をカヴァー、1979年にはグラムロック時代に人気を博したモット・ザ・フープルのメンバー、イアン・ハンターと手を組み、セカンドアルバム『人形の谷』のプロデュースを任せた。

メンバー間の音楽性の違いの解決には苦労があった。彼等はヘヴィなロック・サウンドを追い求めていたが、そのルーツはパンクに留めておきたかった。

3枚目のアルバム(数十年後にボックスセット『甘い復讐』の一部としてようやくリリースされた)レコーディング中の1979年に、この問題は頂点に達した。

1980年にアンドリュースとラフはバンドを去り(その後有力なポスト・パンクバンド“エンパイア”を結成)、替わりにザ・クラッシュ、カウボーイ・インターナショナルの元ドラマー、テリー・チャイムズと元チェルシーのギタリスト、ジェームズ・スティーヴンソンが加入した。

ジェネレーションXは新曲だけでなく『甘い復讐』の素材の再録音といった最後の抵抗をする。最後のアルバム『キス・ミー・デッドリー』はバンド名を "Gen X" と略して発表した。

『キス・ミー・デッドリー』には『甘い復讐』の1部としてアンドリュース、ラフ(共同作曲者でもある)と録音したヴァージョンの「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」も含まれている。アイドルは後にソロミュージシャンとしてこの曲をカヴァーし、そのキャリアの開始をヒットで飾った。
(Wikipediaより)

Generation X - Kiss Me Deadly

ジェネレーションX(Generation X、Gen Xとしても知られる)はイングランドのパンク・ロックバンド。

1976年10月21日にビリー・アイドル、トニー・ジェイムスとジョン・タウ(「トウ」と表記される)により結成された。

デビュー・シングル「ユア・ジェネレーション」を発表する前にオルタナティヴTVに移り、元サブウェイ・セクトのマーク・ラフに交代。このメンバー構成で最初の2枚のアルバム、セルフタイトルアルバム『ジェネレーションX』(1977)と『人形の谷』(1979)をレコーディングした。

メンバー全員のルックスのよさから、パンク隆盛時には例外的なアイドル人気を獲得。BBCの人気音楽番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初めて出演したパンク・バンドの1つでもある。

他のパンク・バンドと違い、ジェネレーションXはイギリスのパンクバンドが取り込む「ルール」や「理想」を無視し、1960年代のブリティッシュ・ポップからの影響を取り入れた。1977年、ジョン・レノンの「真実が欲しい」をカヴァー、1979年にはグラムロック時代に人気を博したモット・ザ・フープルのメンバー、イアン・ハンターと手を組み、セカンドアルバム『人形の谷』のプロデュースを任せた。

メンバー間の音楽性の違いの解決には苦労があった。彼等はヘヴィなロック・サウンドを追い求めていたが、そのルーツはパンクに留めておきたかった。

3枚目のアルバム(数十年後にボックスセット『甘い復讐』の一部としてようやくリリースされた)レコーディング中の1979年に、この問題は頂点に達した。

1980年にアンドリュースとラフはバンドを去り(その後有力なポスト・パンクバンド“エンパイア”を結成)、替わりにザ・クラッシュ、カウボーイ・インターナショナルの元ドラマー、テリー・チャイムズと元チェルシーのギタリスト、ジェームズ・スティーヴンソンが加入した。

ジェネレーションXは新曲だけでなく『甘い復讐』の素材の再録音といった最後の抵抗をする。最後のアルバム『キス・ミー・デッドリー』はバンド名を "Gen X" と略して発表した。

『キス・ミー・デッドリー』には『甘い復讐』の1部としてアンドリュース、ラフ(共同作曲者でもある)と録音したヴァージョンの「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」も含まれている。アイドルは後にソロミュージシャンとしてこの曲をカヴァーし、そのキャリアの開始をヒットで飾った。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター