[/] ROCKPV Buzzcocks

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Buzzcocks - Promises

バズコックス(Buzzcocks)はイギリス・マンチェスター出身のパンク・ロックバンド。マンチェスター音楽シーンの草分け的存在。

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。

この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。

バンドは1981年に一度解散するが、1989年に再結成され、現在も活動を続けている。(Wikipediaより)

Buzzcocks - Everybody's happy nowadays

バズコックス(Buzzcocks)はイギリス・マンチェスター出身のパンク・ロックバンド。マンチェスター音楽シーンの草分け的存在。

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。

この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。

バンドは1981年に一度解散するが、1989年に再結成され、現在も活動を続けている。(Wikipediaより)

Buzzcocks - Harmony In My Head

バズコックス(Buzzcocks)はイギリス・マンチェスター出身のパンク・ロックバンド。マンチェスター音楽シーンの草分け的存在。

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。

この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。

バンドは1981年に一度解散するが、1989年に再結成され、現在も活動を続けている。(Wikipediaより)

Buzzcocks - Breakdown

バズコックス(Buzzcocks)はイギリス・マンチェスター出身のパンク・ロックバンド。マンチェスター音楽シーンの草分け的存在。

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。

この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。

バンドは1981年に一度解散するが、1989年に再結成され、現在も活動を続けている。(Wikipediaより)

Buzzcocks - Ever fallen in love

バズコックス(Buzzcocks)はイギリス・マンチェスター出身のパンク・ロックバンド。マンチェスター音楽シーンの草分け的存在。

1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。

この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。

バンドは1981年に一度解散するが、1989年に再結成され、現在も活動を続けている。(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト