[/] ROCKPV Echo & The Bunnymen

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Echo & The Bunnymen - Higher Hell

エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)はイギリスのポストパンクバンド。

耽美な音世界を築き、1980年代前半のネオサイケ・ブームの中で人気を博した。6枚のアルバムを発表した後、1993年に解散するが、1996年に再結成。

彼らのデビューアルバム『クロコダイルズ』(1980)は評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

続くセカンドアルバム『ヘヴン・アップ・ヒア』(1981)はイギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME誌の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。先行シングルの"The Cutter"がイギリストップ10に入り、満を持して発表された三作目のアルバム『ポーキュパイン (やまあらし)』(1983)はチャート2位にまで上り詰める。

人気の絶頂の中で同年夏にはクラシックの殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行っている。彼らの成功は次作『オーシャン・レイン』(1984)でも続き、"Killing Moon"、"Silver"、"Seven Seas"などのヒット曲が生み出された。また、1984年1月には初来日も果たした。
(Wikipediaより)

Echo & The Bunnymen - The Game

エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)はイギリスのポストパンクバンド。

耽美な音世界を築き、1980年代前半のネオサイケ・ブームの中で人気を博した。6枚のアルバムを発表した後、1993年に解散するが、1996年に再結成。

彼らのデビューアルバム『クロコダイルズ』(1980)は評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

続くセカンドアルバム『ヘヴン・アップ・ヒア』(1981)はイギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME誌の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。先行シングルの"The Cutter"がイギリストップ10に入り、満を持して発表された三作目のアルバム『ポーキュパイン (やまあらし)』(1983)はチャート2位にまで上り詰める。

人気の絶頂の中で同年夏にはクラシックの殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行っている。彼らの成功は次作『オーシャン・レイン』(1984)でも続き、"Killing Moon"、"Silver"、"Seven Seas"などのヒット曲が生み出された。また、1984年1月には初来日も果たした。
(Wikipediaより)

Echo & The Bunnymen - Gone, Gone, Gone

エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)はイギリスのポストパンクバンド。

耽美な音世界を築き、1980年代前半のネオサイケ・ブームの中で人気を博した。6枚のアルバムを発表した後、1993年に解散するが、1996年に再結成。

彼らのデビューアルバム『クロコダイルズ』(1980)は評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

続くセカンドアルバム『ヘヴン・アップ・ヒア』(1981)はイギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME誌の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。先行シングルの"The Cutter"がイギリストップ10に入り、満を持して発表された三作目のアルバム『ポーキュパイン (やまあらし)』(1983)はチャート2位にまで上り詰める。

人気の絶頂の中で同年夏にはクラシックの殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行っている。彼らの成功は次作『オーシャン・レイン』(1984)でも続き、"Killing Moon"、"Silver"、"Seven Seas"などのヒット曲が生み出された。また、1984年1月には初来日も果たした。
(Wikipediaより)

Echo and the Bunnymen - Lips Like Sugar

エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)はイギリスのポストパンクバンド。

耽美な音世界を築き、1980年代前半のネオサイケ・ブームの中で人気を博した。6枚のアルバムを発表した後、1993年に解散するが、1996年に再結成。

彼らのデビューアルバム『クロコダイルズ』(1980)は評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

続くセカンドアルバム『ヘヴン・アップ・ヒア』(1981)はイギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME誌の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。先行シングルの"The Cutter"がイギリストップ10に入り、満を持して発表された三作目のアルバム『ポーキュパイン (やまあらし)』(1983)はチャート2位にまで上り詰める。

人気の絶頂の中で同年夏にはクラシックの殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行っている。彼らの成功は次作『オーシャン・レイン』(1984)でも続き、"Killing Moon"、"Silver"、"Seven Seas"などのヒット曲が生み出された。また、1984年1月には初来日も果たした。
(Wikipediaより)

Echo and the Bunnymen - Bring on The Dancing Horses

エコー&ザ・バニーメン(Echo & the Bunnymen)はイギリスのポストパンクバンド。

耽美な音世界を築き、1980年代前半のネオサイケ・ブームの中で人気を博した。6枚のアルバムを発表した後、1993年に解散するが、1996年に再結成。

彼らのデビューアルバム『クロコダイルズ』(1980)は評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

続くセカンドアルバム『ヘヴン・アップ・ヒア』(1981)はイギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME誌の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。先行シングルの"The Cutter"がイギリストップ10に入り、満を持して発表された三作目のアルバム『ポーキュパイン (やまあらし)』(1983)はチャート2位にまで上り詰める。

人気の絶頂の中で同年夏にはクラシックの殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴを行っている。彼らの成功は次作『オーシャン・レイン』(1984)でも続き、"Killing Moon"、"Silver"、"Seven Seas"などのヒット曲が生み出された。また、1984年1月には初来日も果たした。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト