[/] ROCKPV Pale Saints

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Pale Saints - Time Thief

ペイル・セインツ(Pale Saints)はイギリスのロックバンド。1987年、リーズにて結成。

イアン・マスターズ(ボーカル、ベース)、グレアム・ネイスミス(ギター)、クリス・クーパー(ドラム)の三人で結成され、当初は初期プライマル・スクリームの影響を受けたギターポップバンドとして活動していた。

1989年、彼らのロンドンでの始めてのギグを見た4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはその場でバンドと契約を結ぶ。同年9月にはEP『Barging Into the Presence of God』でデビュー。この頃からノイズポップ的なアプローチが目立つようになる。同年、ライヴのみでのギタリストとしてアシュリー・ホーナーが参加。

1990年2月、プロデューサーにギル・ノートンとジョン・フライアーを迎えて制作された1stアルバム『狂気のやすらぎ』(原題:The Comforts of Madness)をリリースし、全英チャート40位にランクイン。インディーズチャートでは1位を獲得する。アルバムリリース後、元ラッシュのオリジナルメンバーであったメリエル・バーハムがギターボーカルとして加入し、バンドはツインボーカル体制に移行。同年10月にはEP『Half-Life』をリリースする。表題曲"Half Life Remembered"では、当時流行していたマッドチェスターを意識したアプローチも見られた。

翌1991年にかけては同じ4ADの先輩格であるピクシーズのツアーにサポート・アクトとして同行したほか、2月には福岡、京都、大阪、名古屋、東京、札幌をめぐる来日ツアーを果たしている。同年6月、EP『Flesh Balloon』をリリース。ナンシー・シナトラのカバーである"Kinky Love"がマイナー・ヒットとなる。

1992年3月に2ndアルバム『イン・リボンズ』をリリース。ヒュー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、ツインギターになったことでよりノイジーな作風が強まった一方、前作に見られた焦燥感は消え去り、スローテンポの楽曲が中心となった。
(Wikipediaより)

Pale Saints - Throwing Back the Apple YouTube 動画

ペイル・セインツ(Pale Saints)はイギリスのロックバンド。1987年、リーズにて結成。

イアン・マスターズ(ボーカル、ベース)、グレアム・ネイスミス(ギター)、クリス・クーパー(ドラム)の三人で結成され、当初は初期プライマル・スクリームの影響を受けたギターポップバンドとして活動していた。

1989年、彼らのロンドンでの始めてのギグを見た4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはその場でバンドと契約を結ぶ。同年9月にはEP『Barging Into the Presence of God』でデビュー。この頃からノイズポップ的なアプローチが目立つようになる。同年、ライヴのみでのギタリストとしてアシュリー・ホーナーが参加。

1990年2月、プロデューサーにギル・ノートンとジョン・フライアーを迎えて制作された1stアルバム『狂気のやすらぎ』(原題:The Comforts of Madness)をリリースし、全英チャート40位にランクイン。インディーズチャートでは1位を獲得する。アルバムリリース後、元ラッシュのオリジナルメンバーであったメリエル・バーハムがギターボーカルとして加入し、バンドはツインボーカル体制に移行。同年10月にはEP『Half-Life』をリリースする。表題曲"Half Life Remembered"では、当時流行していたマッドチェスターを意識したアプローチも見られた。

翌1991年にかけては同じ4ADの先輩格であるピクシーズのツアーにサポート・アクトとして同行したほか、2月には福岡、京都、大阪、名古屋、東京、札幌をめぐる来日ツアーを果たしている。同年6月、EP『Flesh Balloon』をリリース。ナンシー・シナトラのカバーである"Kinky Love"がマイナー・ヒットとなる。

1992年3月に2ndアルバム『イン・リボンズ』をリリース。ヒュー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、ツインギターになったことでよりノイジーな作風が強まった一方、前作に見られた焦燥感は消え去り、スローテンポの楽曲が中心となった。
(Wikipediaより)

Pale Saints - Half-Life Remembered YouTube 動画

ペイル・セインツ(Pale Saints)はイギリスのロックバンド。1987年、リーズにて結成。

イアン・マスターズ(ボーカル、ベース)、グレアム・ネイスミス(ギター)、クリス・クーパー(ドラム)の三人で結成され、当初は初期プライマル・スクリームの影響を受けたギターポップバンドとして活動していた。

1989年、彼らのロンドンでの始めてのギグを見た4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはその場でバンドと契約を結ぶ。同年9月にはEP『Barging Into the Presence of God』でデビュー。この頃からノイズポップ的なアプローチが目立つようになる。同年、ライヴのみでのギタリストとしてアシュリー・ホーナーが参加。

1990年2月、プロデューサーにギル・ノートンとジョン・フライアーを迎えて制作された1stアルバム『狂気のやすらぎ』(原題:The Comforts of Madness)をリリースし、全英チャート40位にランクイン。インディーズチャートでは1位を獲得する。アルバムリリース後、元ラッシュのオリジナルメンバーであったメリエル・バーハムがギターボーカルとして加入し、バンドはツインボーカル体制に移行。同年10月にはEP『Half-Life』をリリースする。表題曲"Half Life Remembered"では、当時流行していたマッドチェスターを意識したアプローチも見られた。

翌1991年にかけては同じ4ADの先輩格であるピクシーズのツアーにサポート・アクトとして同行したほか、2月には福岡、京都、大阪、名古屋、東京、札幌をめぐる来日ツアーを果たしている。同年6月、EP『Flesh Balloon』をリリース。ナンシー・シナトラのカバーである"Kinky Love"がマイナー・ヒットとなる。

1992年3月に2ndアルバム『イン・リボンズ』をリリース。ヒュー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、ツインギターになったことでよりノイジーな作風が強まった一方、前作に見られた焦燥感は消え去り、スローテンポの楽曲が中心となった。その後ブー・ラドリーズとのダブルヘッドラインツアーや初のアメリカツアーを敢行するが、1993年にイアンが脱退。新ベーシストとしてコリーン・ブラウンが加入し、1994年に3rdアルバム『Slow Buildings』をリリースするが、このアルバムを最後にバンドは自然消滅的に解散。(Wikipediaより引用)

Pale Saints | Half-Life YouTube 動画

ペイル・セインツ(Pale Saints)はイギリスのロックバンド。1987年、リーズにて結成。

イアン・マスターズ(ボーカル、ベース)、グレアム・ネイスミス(ギター)、クリス・クーパー(ドラム)の三人で結成され、当初は初期プライマル・スクリームの影響を受けたギターポップバンドとして活動していた。

1989年、彼らのロンドンでの始めてのギグを見た4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはその場でバンドと契約を結ぶ。同年9月にはEP『Barging Into the Presence of God』でデビュー。この頃からノイズポップ的なアプローチが目立つようになる。同年、ライヴのみでのギタリストとしてアシュリー・ホーナーが参加。

1990年2月、プロデューサーにギル・ノートンとジョン・フライアーを迎えて制作された1stアルバム『狂気のやすらぎ』(原題:The Comforts of Madness)をリリースし、全英チャート40位にランクイン。インディーズチャートでは1位を獲得する。アルバムリリース後、元ラッシュのオリジナルメンバーであったメリエル・バーハムがギターボーカルとして加入し、バンドはツインボーカル体制に移行。同年10月にはEP『Half-Life』をリリースする。表題曲"Half Life Remembered"では、当時流行していたマッドチェスターを意識したアプローチも見られた。

翌1991年にかけては同じ4ADの先輩格であるピクシーズのツアーにサポート・アクトとして同行したほか、2月には福岡、京都、大阪、名古屋、東京、札幌をめぐる来日ツアーを果たしている。同年6月、EP『Flesh Balloon』をリリース。ナンシー・シナトラのカバーである"Kinky Love"がマイナー・ヒットとなる。

1992年3月に2ndアルバム『イン・リボンズ』をリリース。ヒュー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、ツインギターになったことでよりノイジーな作風が強まった一方、前作に見られた焦燥感は消え去り、スローテンポの楽曲が中心となった。その後ブー・ラドリーズとのダブルヘッドラインツアーや初のアメリカツアーを敢行するが、1993年にイアンが脱退。新ベーシストとしてコリーン・ブラウンが加入し、1994年に3rdアルバム『Slow Buildings』をリリースするが、このアルバムを最後にバンドは自然消滅的に解散。(Wikipediaより引用)

Pale Saints - Fine Friend YouTube 動画

ペイル・セインツ(Pale Saints)はイギリスのロックバンド。1987年、リーズにて結成。

イアン・マスターズ(ボーカル、ベース)、グレアム・ネイスミス(ギター)、クリス・クーパー(ドラム)の三人で結成され、当初は初期プライマル・スクリームの影響を受けたギターポップバンドとして活動していた。

1989年、彼らのロンドンでの始めてのギグを見た4ADのオーナー、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはその場でバンドと契約を結ぶ。同年9月にはEP『Barging Into the Presence of God』でデビュー。この頃からノイズポップ的なアプローチが目立つようになる。同年、ライヴのみでのギタリストとしてアシュリー・ホーナーが参加。

1990年2月、プロデューサーにギル・ノートンとジョン・フライアーを迎えて制作された1stアルバム『狂気のやすらぎ』(原題:The Comforts of Madness)をリリースし、全英チャート40位にランクイン。インディーズチャートでは1位を獲得する。アルバムリリース後、元ラッシュのオリジナルメンバーであったメリエル・バーハムがギターボーカルとして加入し、バンドはツインボーカル体制に移行。同年10月にはEP『Half-Life』をリリースする。表題曲"Half Life Remembered"では、当時流行していたマッドチェスターを意識したアプローチも見られた。

翌1991年にかけては同じ4ADの先輩格であるピクシーズのツアーにサポート・アクトとして同行したほか、2月には福岡、京都、大阪、名古屋、東京、札幌をめぐる来日ツアーを果たしている。同年6月、EP『Flesh Balloon』をリリース。ナンシー・シナトラのカバーである"Kinky Love"がマイナー・ヒットとなる。

1992年3月に2ndアルバム『イン・リボンズ』をリリース。ヒュー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、ツインギターになったことでよりノイジーな作風が強まった一方、前作に見られた焦燥感は消え去り、スローテンポの楽曲が中心となった。その後ブー・ラドリーズとのダブルヘッドラインツアーや初のアメリカツアーを敢行するが、1993年にイアンが脱退。新ベーシストとしてコリーン・ブラウンが加入し、1994年に3rdアルバム『Slow Buildings』をリリースするが、このアルバムを最後にバンドは自然消滅的に解散。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター