[/] ROCKPV The Cure

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Cure - Let's Go To Bed

ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりと共に音楽性も変遷し、 2011年現在はゴシックやオルタナティヴに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。

1978年、前身バンドとなるイージー・キュアーを母体として、ロバート・スミス、マイケル・デンプシー、ローレンス・トルハーストのスリーピース・バンドを結成。 翌1979年にシングル「Killing An Arab」でフィクション・レコードよりデビュー。

ポストパンク期にリリースされたデビュー・アルバム『Three Imaginary Boys』は、シンプルながらもクールで捻くれたギターサウンドが特徴的で、記号化されたスリーヴデザインと相まって、すでに独自の世界観を築き上げていた。 また、ロバートはスージー・アンド・ザ・バンシーズの全英ツアーのサポート・ギタリストとしてステージに上がったりもした。

この時期のキュアーは、無駄な音を排除した、研ぎ澄まされたサウンドを追求していた。

マイケルに代わり、サイモン・ギャラップとマシュー・ハートリーの2人を加えて作られた2ndアルバム『Seventeen Seconds』は、1stアルバムにもあったミニマル要素を発展させた内容で、初めて全英トップ20入りした「A Forest」やライヴでのファンの合唱でお馴染みの「Play For Today」が収録されている。

続いて制作された3rd『Faith』の、タイトル曲はロバートの宗教観を歌ったものであるという。

だが、サウンドと同様にバンド内の緊張感も次第に強まって行き、それは4th『Pornography』で爆発する。 ロバートの死に対するオブセッションと行き場のない怒りを反映した本作にて、リズムマシンとシンセサイザーを大胆に導入し、ヘヴィーでダークな極彩色のサイケデリック・サウンドへと変貌を遂げた。

そして極度の緊張の中で制作されたためにメンバー間の仲は最悪なものとなり、ツアー中にロバートとサイモンは大喧嘩をして、サイモンはバンドを去り、ロバートは活動の休止を決意した。 日本でのデビュー作はこの『Pornography』であり、各楽曲に付けられた奇抜な邦題は当時のキュアーのパブリック・イメージを物語っている。
(Wikipediaより引用)

The Cure - A Forest

ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりと共に音楽性も変遷し、 2011年現在はゴシックやオルタナティヴに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。

1978年、前身バンドとなるイージー・キュアーを母体として、ロバート・スミス、マイケル・デンプシー、ローレンス・トルハーストのスリーピース・バンドを結成。 翌1979年にシングル「Killing An Arab」でフィクション・レコードよりデビュー。

ポストパンク期にリリースされたデビュー・アルバム『Three Imaginary Boys』は、シンプルながらもクールで捻くれたギターサウンドが特徴的で、記号化されたスリーヴデザインと相まって、すでに独自の世界観を築き上げていた。 また、ロバートはスージー・アンド・ザ・バンシーズの全英ツアーのサポート・ギタリストとしてステージに上がったりもした。

この時期のキュアーは、無駄な音を排除した、研ぎ澄まされたサウンドを追求していた。

マイケルに代わり、サイモン・ギャラップとマシュー・ハートリーの2人を加えて作られた2ndアルバム『Seventeen Seconds』は、1stアルバムにもあったミニマル要素を発展させた内容で、初めて全英トップ20入りした「A Forest」やライヴでのファンの合唱でお馴染みの「Play For Today」が収録されている。

続いて制作された3rd『Faith』の、タイトル曲はロバートの宗教観を歌ったものであるという。

だが、サウンドと同様にバンド内の緊張感も次第に強まって行き、それは4th『Pornography』で爆発する。 ロバートの死に対するオブセッションと行き場のない怒りを反映した本作にて、リズムマシンとシンセサイザーを大胆に導入し、ヘヴィーでダークな極彩色のサイケデリック・サウンドへと変貌を遂げた。

そして極度の緊張の中で制作されたためにメンバー間の仲は最悪なものとなり、ツアー中にロバートとサイモンは大喧嘩をして、サイモンはバンドを去り、ロバートは活動の休止を決意した。 日本でのデビュー作はこの『Pornography』であり、各楽曲に付けられた奇抜な邦題は当時のキュアーのパブリック・イメージを物語っている。
(Wikipediaより引用)

The Cure - The Lovecats

ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりと共に音楽性も変遷し、 2011年現在はゴシックやオルタナティヴに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。

1978年、前身バンドとなるイージー・キュアーを母体として、ロバート・スミス、マイケル・デンプシー、ローレンス・トルハーストのスリーピース・バンドを結成。 翌1979年にシングル「Killing An Arab」でフィクション・レコードよりデビュー。

ポストパンク期にリリースされたデビュー・アルバム『Three Imaginary Boys』は、シンプルながらもクールで捻くれたギターサウンドが特徴的で、記号化されたスリーヴデザインと相まって、すでに独自の世界観を築き上げていた。 また、ロバートはスージー・アンド・ザ・バンシーズの全英ツアーのサポート・ギタリストとしてステージに上がったりもした。

この時期のキュアーは、無駄な音を排除した、研ぎ澄まされたサウンドを追求していた。

マイケルに代わり、サイモン・ギャラップとマシュー・ハートリーの2人を加えて作られた2ndアルバム『Seventeen Seconds』は、1stアルバムにもあったミニマル要素を発展させた内容で、初めて全英トップ20入りした「A Forest」やライヴでのファンの合唱でお馴染みの「Play For Today」が収録されている。

続いて制作された3rd『Faith』の、タイトル曲はロバートの宗教観を歌ったものであるという。

だが、サウンドと同様にバンド内の緊張感も次第に強まって行き、それは4th『Pornography』で爆発する。 ロバートの死に対するオブセッションと行き場のない怒りを反映した本作にて、リズムマシンとシンセサイザーを大胆に導入し、ヘヴィーでダークな極彩色のサイケデリック・サウンドへと変貌を遂げた。

そして極度の緊張の中で制作されたためにメンバー間の仲は最悪なものとなり、ツアー中にロバートとサイモンは大喧嘩をして、サイモンはバンドを去り、ロバートは活動の休止を決意した。 日本でのデビュー作はこの『Pornography』であり、各楽曲に付けられた奇抜な邦題は当時のキュアーのパブリック・イメージを物語っている。
(Wikipediaより引用)

The Cure Why Can't I Be You?

ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりと共に音楽性も変遷し、 2011年現在はゴシックやオルタナティヴに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。

1978年、前身バンドとなるイージー・キュアーを母体として、ロバート・スミス、マイケル・デンプシー、ローレンス・トルハーストのスリーピース・バンドを結成。 翌1979年にシングル「Killing An Arab」でフィクション・レコードよりデビュー。

ポストパンク期にリリースされたデビュー・アルバム『Three Imaginary Boys』は、シンプルながらもクールで捻くれたギターサウンドが特徴的で、記号化されたスリーヴデザインと相まって、すでに独自の世界観を築き上げていた。 また、ロバートはスージー・アンド・ザ・バンシーズの全英ツアーのサポート・ギタリストとしてステージに上がったりもした。

この時期のキュアーは、無駄な音を排除した、研ぎ澄まされたサウンドを追求していた。

マイケルに代わり、サイモン・ギャラップとマシュー・ハートリーの2人を加えて作られた2ndアルバム『Seventeen Seconds』は、1stアルバムにもあったミニマル要素を発展させた内容で、初めて全英トップ20入りした「A Forest」やライヴでのファンの合唱でお馴染みの「Play For Today」が収録されている。

続いて制作された3rd『Faith』の、タイトル曲はロバートの宗教観を歌ったものであるという。

だが、サウンドと同様にバンド内の緊張感も次第に強まって行き、それは4th『Pornography』で爆発する。 ロバートの死に対するオブセッションと行き場のない怒りを反映した本作にて、リズムマシンとシンセサイザーを大胆に導入し、ヘヴィーでダークな極彩色のサイケデリック・サウンドへと変貌を遂げた。

そして極度の緊張の中で制作されたためにメンバー間の仲は最悪なものとなり、ツアー中にロバートとサイモンは大喧嘩をして、サイモンはバンドを去り、ロバートは活動の休止を決意した。 日本でのデビュー作はこの『Pornography』であり、各楽曲に付けられた奇抜な邦題は当時のキュアーのパブリック・イメージを物語っている。
(Wikipediaより引用)

The Cure - Pictures Of You

ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成されたイングランド・クローリー出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりと共に音楽性も変遷し、 2011年現在はゴシックやオルタナティヴに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。

1978年、前身バンドとなるイージー・キュアーを母体として、ロバート・スミス、マイケル・デンプシー、ローレンス・トルハーストのスリーピース・バンドを結成。 翌1979年にシングル「Killing An Arab」でフィクション・レコードよりデビュー。

ポストパンク期にリリースされたデビュー・アルバム『Three Imaginary Boys』は、シンプルながらもクールで捻くれたギターサウンドが特徴的で、記号化されたスリーヴデザインと相まって、すでに独自の世界観を築き上げていた。 また、ロバートはスージー・アンド・ザ・バンシーズの全英ツアーのサポート・ギタリストとしてステージに上がったりもした。

この時期のキュアーは、無駄な音を排除した、研ぎ澄まされたサウンドを追求していた。

マイケルに代わり、サイモン・ギャラップとマシュー・ハートリーの2人を加えて作られた2ndアルバム『Seventeen Seconds』は、1stアルバムにもあったミニマル要素を発展させた内容で、初めて全英トップ20入りした「A Forest」やライヴでのファンの合唱でお馴染みの「Play For Today」が収録されている。

続いて制作された3rd『Faith』の、タイトル曲はロバートの宗教観を歌ったものであるという。

だが、サウンドと同様にバンド内の緊張感も次第に強まって行き、それは4th『Pornography』で爆発する。 ロバートの死に対するオブセッションと行き場のない怒りを反映した本作にて、リズムマシンとシンセサイザーを大胆に導入し、ヘヴィーでダークな極彩色のサイケデリック・サウンドへと変貌を遂げた。

そして極度の緊張の中で制作されたためにメンバー間の仲は最悪なものとなり、ツアー中にロバートとサイモンは大喧嘩をして、サイモンはバンドを去り、ロバートは活動の休止を決意した。 日本でのデビュー作はこの『Pornography』であり、各楽曲に付けられた奇抜な邦題は当時のキュアーのパブリック・イメージを物語っている。
(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター