[/] ROCKPV The Jam

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Jam - Start YouTube 動画

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンで1977年デビューし、1982年10月に解散した。

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングル「イン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセスのスティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。
(Wikipediaより引用)

The Jam: Going underground YouTube 動画

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンで1977年デビューし、1982年10月に解散した。

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングル「イン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセスのスティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。
(Wikipediaより引用)

The Jam - Beat Surrender YouTube 動画

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンで1977年デビューし、1982年10月に解散した。

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングル「イン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセスのスティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。
(Wikipediaより引用)

The Jam - Absolute Beginners YouTube 動画

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンで1977年デビューし、1982年10月に解散した。

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングル「イン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセスのスティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。
(Wikipediaより引用)

The Jam - All around the world YouTube 動画

ザ・ジャム (The Jam) は、イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンで1977年デビューし、1982年10月に解散した。

メンバーはポール・ウェラー (Paul Weller / Vo,G)、ブルース・フォクストン (Bruce Foxton / Vo,B)、リック・バックラー (Rick Buckler / Ds)の3人。パンク・ムーブメントの全盛期にデビューしながら、モッズ・スタイルを貫き、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーを獲得し、イギリス国民の間で絶大な人気を獲得した。解散した現在でもなお、イギリスでは強く支持されている。

1977年、イギリスを席巻していたパンクムーブメントの真只中、2月にポリドールと契約し、4月にシングル「イン・ザ・シティ」、ついで同タイトルのファーストアルバム『イン・ザ・シティ』が5月に発売された。

当時18歳のフロントマン、ポール・ウェラーの、精悍ながらも少年の面影を残すルックスとはあまりに対照的な激しいコードカットとボーカル、ブルース・フォクストンのヘビーかつタイトなベース、リック・バックラーの疾走感溢れるドラムスにより生み出されるジャムサウンドは、既にライブにおいて一部の熱狂的なファンに支持されていた。 アルバムでは、ウェラーのアイドルでもあるスモール・フェイセスのスティーヴ・マリオットの影響も窺えるも、全体にはパンキッシュなライブ感そのままのサウンドを聴かせた。その最初期のサウンドにはザ・フーやモータウンの他にも先輩格にあたるTHE BOYSやDr.FEELGOODからの影響がうかがえる。 パンク/ニュー・ウェイヴの追い風もあり人気を獲得した彼らは、その勢いに乗って2作目『ザ・モダン・ワールド』を発表するものの、まとまりに欠ける散漫な曲ばかりと酷評された。実際、ポールウェラー自身も「あのアルバムはリリース以来一度も聞いていない」とインタビューで語っている。

しかし、翌1978年にリリースされた3作目『オール・モッド・コンズ』は、ザ・フー、スモール・フェイセスやモータウンサウンドの影響を受けたR&Bが取り入れられたサウンドを創り出し、モッズとしてのアイデンティティー、独自性を前面に打ち出した傑作となった。特にウェラーのソングライティングが進境を見せ、アコースティックギターによる「イングリッシュ・ローズ」や夜の都会の風景を描く「チューブ・ステーション」等、これまでのストレートなイメージとは一線を画す楽曲を作り出している。モッズ・リヴァイヴァルの立役者ともなった『オール・モッド・コンズ』はファン、ジャーナリズムに高く支持されバンドの最初のピークとなり、これを機にジャムの快進撃が始まる。

ヒット曲「イートン・ライフルズ(The Eton Rifles)」を含む1979年発表の4thアルバム『セッティング・サンズ』では、「電話のあの娘(Girl on the Phone)」などのストレートなジャムサウンドに加え、ヘビーな展開を見せる「プライベート・ヘル(Private Hell)」や曲調の変化に富んだ「少年の兵士(Little Boy Soldier)」、ウェラーのロマンチストとしての一面を覗かせる「不毛の荒野(Wasteland)」など充実した楽曲が多く、3rdアルバムと並ぶ傑作とファンの呼び声も高い。同年の英音楽誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』でのリーダーズポールでは、ベストバンド、ベストアルバム(『セッティング・サンズ』)、各プレイヤー等の主要部門を独占、英国での人気が絶大なものであることを世に知らしめた。以降、解散まで同誌でのベストバンドの座は譲らなかった。
(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター