[/] ROCKPV Goldfrapp

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Goldfrapp - A&E

ゴールドフラップ (goldfrapp)は、ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーの二人によるグラムロック、エレクトロクラッシュ、エレクトロニカ等クラブミュージックを主に扱うデュオ。

ファーストアルバム「フェルト・マウンテン」がイギリスで10万枚を越すセールスを記録。

ポーティスヘッドの再来と噂され、ポップミュージックながらコアな音楽ファンや手厳しい音楽批評雑誌からも高い評価を得る。

セカンドアルバム「ブラック・チェリー」以降、ダンス・ミュージックに近いエレクトロクラッシュに転向。フ

ァンの意見は様々だったが、ヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得してきている。

99年にミュート・レコードと契約し、2000年にポーティスヘッドのギタリスト、エイドリアン・アトリーを迎えて製作したシングル「ラヴリー・ ヘッド」でデビュー。同年発売した『フェルト・マウンテン』が10万枚を越すセールスを記録し、その年のマーキューリー・プライズにもノミネートされた。

この『フェルト・マウンテン』発売後のライブツアーでアリソンは「とても張りつめた雰囲気の中で生まれる繊細な音楽もいいのだけど、物を思いっきり破壊したり爆発したりするようなライブパフォーマンスのほうが開放感を得ることができた」と語った。

続くセカンドアルバム『ブラック・チェリー』は前作から一変、80年代のディスコ・サウンドを彷彿とさせる様で歌詞もセクシーなダンスナンバーとなった。 このアルバムリリース後、2003年のフジ・ロック・フェスティバルで初来日を果たす。

2005年リリースの『スーパーネイチャー』は話題を集め、アメリカやオーストラリアのセールスチャートベスト5に食い込むほどの人気(日本では未だヒットしていない)。シングル収録のリミックスに、アイスランドのムームを起用するなど驚きを与えた。
(Wikipediaより)

Goldfrapp - Twist

ゴールドフラップ (goldfrapp)は、ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーの二人によるグラムロック、エレクトロクラッシュ、エレクトロニカ等クラブミュージックを主に扱うデュオ。

ファーストアルバム「フェルト・マウンテン」がイギリスで10万枚を越すセールスを記録。

ポーティスヘッドの再来と噂され、ポップミュージックながらコアな音楽ファンや手厳しい音楽批評雑誌からも高い評価を得る。

セカンドアルバム「ブラック・チェリー」以降、ダンス・ミュージックに近いエレクトロクラッシュに転向。フ

ァンの意見は様々だったが、ヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得してきている。

99年にミュート・レコードと契約し、2000年にポーティスヘッドのギタリスト、エイドリアン・アトリーを迎えて製作したシングル「ラヴリー・ ヘッド」でデビュー。同年発売した『フェルト・マウンテン』が10万枚を越すセールスを記録し、その年のマーキューリー・プライズにもノミネートされた。

この『フェルト・マウンテン』発売後のライブツアーでアリソンは「とても張りつめた雰囲気の中で生まれる繊細な音楽もいいのだけど、物を思いっきり破壊したり爆発したりするようなライブパフォーマンスのほうが開放感を得ることができた」と語った。

続くセカンドアルバム『ブラック・チェリー』は前作から一変、80年代のディスコ・サウンドを彷彿とさせる様で歌詞もセクシーなダンスナンバーとなった。 このアルバムリリース後、2003年のフジ・ロック・フェスティバルで初来日を果たす。

2005年リリースの『スーパーネイチャー』は話題を集め、アメリカやオーストラリアのセールスチャートベスト5に食い込むほどの人気(日本では未だヒットしていない)。シングル収録のリミックスに、アイスランドのムームを起用するなど驚きを与えた。
(Wikipediaより)

Goldfrapp - Caravan Girl

ゴールドフラップ (goldfrapp)は、ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーの二人によるグラムロック、エレクトロクラッシュ、エレクトロニカ等クラブミュージックを主に扱うデュオ。

ファーストアルバム「フェルト・マウンテン」がイギリスで10万枚を越すセールスを記録。

ポーティスヘッドの再来と噂され、ポップミュージックながらコアな音楽ファンや手厳しい音楽批評雑誌からも高い評価を得る。

セカンドアルバム「ブラック・チェリー」以降、ダンス・ミュージックに近いエレクトロクラッシュに転向。フ

ァンの意見は様々だったが、ヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得してきている。

99年にミュート・レコードと契約し、2000年にポーティスヘッドのギタリスト、エイドリアン・アトリーを迎えて製作したシングル「ラヴリー・ ヘッド」でデビュー。同年発売した『フェルト・マウンテン』が10万枚を越すセールスを記録し、その年のマーキューリー・プライズにもノミネートされた。

この『フェルト・マウンテン』発売後のライブツアーでアリソンは「とても張りつめた雰囲気の中で生まれる繊細な音楽もいいのだけど、物を思いっきり破壊したり爆発したりするようなライブパフォーマンスのほうが開放感を得ることができた」と語った。

続くセカンドアルバム『ブラック・チェリー』は前作から一変、80年代のディスコ・サウンドを彷彿とさせる様で歌詞もセクシーなダンスナンバーとなった。 このアルバムリリース後、2003年のフジ・ロック・フェスティバルで初来日を果たす。

2005年リリースの『スーパーネイチャー』は話題を集め、アメリカやオーストラリアのセールスチャートベスト5に食い込むほどの人気(日本では未だヒットしていない)。シングル収録のリミックスに、アイスランドのムームを起用するなど驚きを与えた。
(Wikipediaより)

Goldfrapp - Number 1

ゴールドフラップ (goldfrapp)は、ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーの二人によるグラムロック、エレクトロクラッシュ、エレクトロニカ等クラブミュージックを主に扱うデュオ。

ファーストアルバム「フェルト・マウンテン」がイギリスで10万枚を越すセールスを記録。

ポーティスヘッドの再来と噂され、ポップミュージックながらコアな音楽ファンや手厳しい音楽批評雑誌からも高い評価を得る。

セカンドアルバム「ブラック・チェリー」以降、ダンス・ミュージックに近いエレクトロクラッシュに転向。フ

ァンの意見は様々だったが、ヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得してきている。

99年にミュート・レコードと契約し、2000年にポーティスヘッドのギタリスト、エイドリアン・アトリーを迎えて製作したシングル「ラヴリー・ ヘッド」でデビュー。同年発売した『フェルト・マウンテン』が10万枚を越すセールスを記録し、その年のマーキューリー・プライズにもノミネートされた。

この『フェルト・マウンテン』発売後のライブツアーでアリソンは「とても張りつめた雰囲気の中で生まれる繊細な音楽もいいのだけど、物を思いっきり破壊したり爆発したりするようなライブパフォーマンスのほうが開放感を得ることができた」と語った。

続くセカンドアルバム『ブラック・チェリー』は前作から一変、80年代のディスコ・サウンドを彷彿とさせる様で歌詞もセクシーなダンスナンバーとなった。 このアルバムリリース後、2003年のフジ・ロック・フェスティバルで初来日を果たす。

2005年リリースの『スーパーネイチャー』は話題を集め、アメリカやオーストラリアのセールスチャートベスト5に食い込むほどの人気(日本では未だヒットしていない)。シングル収録のリミックスに、アイスランドのムームを起用するなど驚きを与えた。
(Wikipediaより)

Goldfrapp - Ooh La La

ゴールドフラップ (goldfrapp)は、ボーカルのアリソン・ゴールドフラップとコンポーサーのウィル・グレゴリーの二人によるグラムロック、エレクトロクラッシュ、エレクトロニカ等クラブミュージックを主に扱うデュオ。

ファーストアルバム「フェルト・マウンテン」がイギリスで10万枚を越すセールスを記録。

ポーティスヘッドの再来と噂され、ポップミュージックながらコアな音楽ファンや手厳しい音楽批評雑誌からも高い評価を得る。

セカンドアルバム「ブラック・チェリー」以降、ダンス・ミュージックに近いエレクトロクラッシュに転向。フ

ァンの意見は様々だったが、ヨーロッパのみならず、アメリカやオーストラリアでもヒット。マドンナが「今一番注目しているアーティスト」と発言するなど、世界的にその地位を獲得してきている。

99年にミュート・レコードと契約し、2000年にポーティスヘッドのギタリスト、エイドリアン・アトリーを迎えて製作したシングル「ラヴリー・ ヘッド」でデビュー。同年発売した『フェルト・マウンテン』が10万枚を越すセールスを記録し、その年のマーキューリー・プライズにもノミネートされた。

この『フェルト・マウンテン』発売後のライブツアーでアリソンは「とても張りつめた雰囲気の中で生まれる繊細な音楽もいいのだけど、物を思いっきり破壊したり爆発したりするようなライブパフォーマンスのほうが開放感を得ることができた」と語った。

続くセカンドアルバム『ブラック・チェリー』は前作から一変、80年代のディスコ・サウンドを彷彿とさせる様で歌詞もセクシーなダンスナンバーとなった。 このアルバムリリース後、2003年のフジ・ロック・フェスティバルで初来日を果たす。

2005年リリースの『スーパーネイチャー』は話題を集め、アメリカやオーストラリアのセールスチャートベスト5に食い込むほどの人気(日本では未だヒットしていない)。シングル収録のリミックスに、アイスランドのムームを起用するなど驚きを与えた。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター