[/] ROCKPV Camel

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Cream - Crossroads

クリーム(Cream)は、1960年代に活動したイギリスのロックバンド。メンバーは、ベーシスト兼ボーカリストのジャック・ブルースとギタリスト兼ボーカリストのエリック・クラプトン(元ヤードバーズなど)、ドラマーのジンジャー・ベイカーから構成され、スーパーグループの一つに数えられる場合もある。

ブルースとハードロック、サイケデリック・ロックを融合させたサウンドが特徴。世界でのアルバム売上は3,500万枚以上に及び[2]、 『Wheels of Fire』は世界初のプラチナアルバムを獲得した2枚組のアルバムとなった。このような実績から、クリームはスーパーグループとして認識されている。

クリームは、ジミ・ヘンドリックスと共に当時の音楽シーンに多大な影響を与え、またヘンドリックスと共にワウを流行らせた。彼らは、レッド・ツェッペリンのような、1960年代後半以降のヘヴィ・メタル・バンドに影響を与えたとされているが、ジンジャー・ベイカーはNMEのインタビューで「レッド・ツェッペリンもヘヴィ・メタルも大きらい」と答えている

。クリームの音楽性と演奏スタイルは、オールマン・ブラザーズ・バンド、グレイトフル・デッド、フィッシュなどのジャムバンド、マウンテンやフェリックス・パッパラルディらに影響を与えた。また、ラッシュなどのハードロック/プログレッシブ・ロックバンドにまでも影響を与えた。

クリームはVH1誌の 100 Greatest Artists of Hard Rock で16位にランクし、また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第66位となった。
(Wikipediaより)

Camel - Echoes

キャメル (Camel) は、イングランド出身ののプログレッシブ・ロックバンド。

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、

1969年、イングランドのサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年、シンガーソングライター フィリップ・グッドハンド・タイットのオーディションを受け、アルバム『I Think I'll Write a Song』にバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告をMelody Maker誌に出す。

それでアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年にMCAレコードよりデビューアルバム『キャメル(Camel)』を発表。

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた
(Wikipediaより)

Camel - Lady Fantasy

キャメル (Camel) は、イングランド出身ののプログレッシブ・ロックバンド。

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、

1969年、イングランドのサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年、シンガーソングライター フィリップ・グッドハンド・タイットのオーディションを受け、アルバム『I Think I'll Write a Song』にバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告をMelody Maker誌に出す。

それでアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年にMCAレコードよりデビューアルバム『キャメル(Camel)』を発表。

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた
(Wikipediaより)

Camel - Coming of Age

キャメル (Camel) は、イングランド出身ののプログレッシブ・ロックバンド。

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、

1969年、イングランドのサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年、シンガーソングライター フィリップ・グッドハンド・タイットのオーディションを受け、アルバム『I Think I'll Write a Song』にバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告をMelody Maker誌に出す。

それでアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年にMCAレコードよりデビューアルバム『キャメル(Camel)』を発表。

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた
(Wikipediaより)

Camel - Arubaluba

キャメル (Camel) は、イングランド出身ののプログレッシブ・ロックバンド。

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、

1969年、イングランドのサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年、シンガーソングライター フィリップ・グッドハンド・タイットのオーディションを受け、アルバム『I Think I'll Write a Song』にバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告をMelody Maker誌に出す。

それでアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年にMCAレコードよりデビューアルバム『キャメル(Camel)』を発表。

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト