[/] ROCKPV Bruce Springsteen

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Bruce Springsteen - You Never Can Tell

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

アメリカを代表するロックン・ローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。ウディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第23位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第96位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位。

デビュー当初は、「第二のディラン」というキャッチ・フレーズで、シンガーソングライター的な扱いでのプロモーションを受けたが、あくまでロックン・ローラーとしての活動にこだわっていた本人は、そのギャップに苦しむことになった。デビュー・シングルの「光で目もくらみ(Blinded by the Light)」はチャートインを逃し、セールス的には振るわず、クラブ・サーキット中心のライヴ活動に活路を求めた。

1973年9月に、セカンド・アルバム『青春の叫び (The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle)』を発表、評論家からは高い評価を得た。一方で、地道なライヴ活動が実を結び、圧倒的なパフォーマンスが評判を呼ぶ。

1974年に、ライヴを観たロック評論家ジョン・ランドーは、リアルペーパー誌に「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛のコラムを掲載する。そのランドーをプロデューサーに招いて製作された、翌1975年8月25日発売のサード・アルバム『明日なき暴走 (Born to Run)』は、Billboard 200の10位に入り、10月18日付けチャートでは3位に浮上する。シングルカットされたタイトル・トラックはビルボード・Hot 100の23位を記録した。また、タイム誌とニューズウィーク誌の表紙を同時に飾るという快挙も成し遂げる。

前作より3年が経った1978年に、アルバム『闇に吠える街 (Darkness on the Edge of Town)』を発表する。前作のセールスには及ばなかったものの、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されたアルバムとなった。当作を引っ提げた全米ツアーでのパフォーマンスの凄まじさは、伝説となっている。(Wikipediaより)

Bruce Springsteen - I'm On Fire

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

アメリカを代表するロックン・ローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。ウディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第23位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第96位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位。

デビュー当初は、「第二のディラン」というキャッチ・フレーズで、シンガーソングライター的な扱いでのプロモーションを受けたが、あくまでロックン・ローラーとしての活動にこだわっていた本人は、そのギャップに苦しむことになった。デビュー・シングルの「光で目もくらみ(Blinded by the Light)」はチャートインを逃し、セールス的には振るわず、クラブ・サーキット中心のライヴ活動に活路を求めた。

1973年9月に、セカンド・アルバム『青春の叫び (The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle)』を発表、評論家からは高い評価を得た。一方で、地道なライヴ活動が実を結び、圧倒的なパフォーマンスが評判を呼ぶ。

1974年に、ライヴを観たロック評論家ジョン・ランドーは、リアルペーパー誌に「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛のコラムを掲載する。そのランドーをプロデューサーに招いて製作された、翌1975年8月25日発売のサード・アルバム『明日なき暴走 (Born to Run)』は、Billboard 200の10位に入り、10月18日付けチャートでは3位に浮上する。シングルカットされたタイトル・トラックはビルボード・Hot 100の23位を記録した。また、タイム誌とニューズウィーク誌の表紙を同時に飾るという快挙も成し遂げる。

前作より3年が経った1978年に、アルバム『闇に吠える街 (Darkness on the Edge of Town)』を発表する。前作のセールスには及ばなかったものの、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されたアルバムとなった。当作を引っ提げた全米ツアーでのパフォーマンスの凄まじさは、伝説となっている。(Wikipediaより)

Bruce Springsteen - Thunder Road

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

アメリカを代表するロックン・ローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。ウディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第23位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第96位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位。

デビュー当初は、「第二のディラン」というキャッチ・フレーズで、シンガーソングライター的な扱いでのプロモーションを受けたが、あくまでロックン・ローラーとしての活動にこだわっていた本人は、そのギャップに苦しむことになった。デビュー・シングルの「光で目もくらみ(Blinded by the Light)」はチャートインを逃し、セールス的には振るわず、クラブ・サーキット中心のライヴ活動に活路を求めた。

1973年9月に、セカンド・アルバム『青春の叫び (The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle)』を発表、評論家からは高い評価を得た。一方で、地道なライヴ活動が実を結び、圧倒的なパフォーマンスが評判を呼ぶ。

1974年に、ライヴを観たロック評論家ジョン・ランドーは、リアルペーパー誌に「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛のコラムを掲載する。そのランドーをプロデューサーに招いて製作された、翌1975年8月25日発売のサード・アルバム『明日なき暴走 (Born to Run)』は、Billboard 200の10位に入り、10月18日付けチャートでは3位に浮上する。シングルカットされたタイトル・トラックはビルボード・Hot 100の23位を記録した。また、タイム誌とニューズウィーク誌の表紙を同時に飾るという快挙も成し遂げる。

前作より3年が経った1978年に、アルバム『闇に吠える街 (Darkness on the Edge of Town)』を発表する。前作のセールスには及ばなかったものの、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されたアルバムとなった。当作を引っ提げた全米ツアーでのパフォーマンスの凄まじさは、伝説となっている。(Wikipediaより)

Bruce Springsteen - Tunnel of Love

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

アメリカを代表するロックン・ローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。ウディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第23位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第96位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位。

デビュー当初は、「第二のディラン」というキャッチ・フレーズで、シンガーソングライター的な扱いでのプロモーションを受けたが、あくまでロックン・ローラーとしての活動にこだわっていた本人は、そのギャップに苦しむことになった。デビュー・シングルの「光で目もくらみ(Blinded by the Light)」はチャートインを逃し、セールス的には振るわず、クラブ・サーキット中心のライヴ活動に活路を求めた。

1973年9月に、セカンド・アルバム『青春の叫び (The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle)』を発表、評論家からは高い評価を得た。一方で、地道なライヴ活動が実を結び、圧倒的なパフォーマンスが評判を呼ぶ。

1974年に、ライヴを観たロック評論家ジョン・ランドーは、リアルペーパー誌に「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛のコラムを掲載する。そのランドーをプロデューサーに招いて製作された、翌1975年8月25日発売のサード・アルバム『明日なき暴走 (Born to Run)』は、Billboard 200の10位に入り、10月18日付けチャートでは3位に浮上する。シングルカットされたタイトル・トラックはビルボード・Hot 100の23位を記録した。また、タイム誌とニューズウィーク誌の表紙を同時に飾るという快挙も成し遂げる。

前作より3年が経った1978年に、アルバム『闇に吠える街 (Darkness on the Edge of Town)』を発表する。前作のセールスには及ばなかったものの、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されたアルバムとなった。当作を引っ提げた全米ツアーでのパフォーマンスの凄まじさは、伝説となっている。(Wikipediaより)

Bruce Springsteen - Streets of Philadelphia

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

アメリカを代表するロックン・ローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。ウディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第23位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第96位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第62位。

デビュー当初は、「第二のディラン」というキャッチ・フレーズで、シンガーソングライター的な扱いでのプロモーションを受けたが、あくまでロックン・ローラーとしての活動にこだわっていた本人は、そのギャップに苦しむことになった。デビュー・シングルの「光で目もくらみ(Blinded by the Light)」はチャートインを逃し、セールス的には振るわず、クラブ・サーキット中心のライヴ活動に活路を求めた。

1973年9月に、セカンド・アルバム『青春の叫び (The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle)』を発表、評論家からは高い評価を得た。一方で、地道なライヴ活動が実を結び、圧倒的なパフォーマンスが評判を呼ぶ。

1974年に、ライヴを観たロック評論家ジョン・ランドーは、リアルペーパー誌に「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛のコラムを掲載する。そのランドーをプロデューサーに招いて製作された、翌1975年8月25日発売のサード・アルバム『明日なき暴走 (Born to Run)』は、Billboard 200の10位に入り、10月18日付けチャートでは3位に浮上する。シングルカットされたタイトル・トラックはビルボード・Hot 100の23位を記録した。また、タイム誌とニューズウィーク誌の表紙を同時に飾るという快挙も成し遂げる。

前作より3年が経った1978年に、アルバム『闇に吠える街 (Darkness on the Edge of Town)』を発表する。前作のセールスには及ばなかったものの、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されたアルバムとなった。当作を引っ提げた全米ツアーでのパフォーマンスの凄まじさは、伝説となっている。(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター