[/] ROCKPV The Everly Brothers

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Everly Brothers Til I Kissed

エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)は、主に1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーの兄弟によるデュオ。

兄のアイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly、1937年12月2日 - )はケンタッキー州のブラウニーで生まれた。弟のフィリップ・エヴァリー(Phillip Everly、1939年1月19日 - 2014年1月3日)はイリノイ州シカゴで生まれた。

1957年3月、ケーデンスから発表したデビュー・シングル「バイ・バイ・ラヴ」が全米2位を記録。以後、多くのヒット曲を生み出す。1960年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍。

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏でた。その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズやサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

1983年9月に再結成コンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが開かれ、翌年、12年ぶりとなるアルバム『EB 84』がリリースされた。アルバムのプロデューサーを務めたのはデイヴ・エドモンズ。また、シングルカットされた「ナイチンゲールの翼(On the Wings of a Nightingale)」を書いたのはポール・マッカートニーである。

デイヴ・エドモンズとニック・ロウは、ロックパイルのアルバムのボーナスEPでエヴァリー・ブラザーズの曲をカバーした。二人が歌った作品は以下の4曲。「メアリーへのメッセージ」「クライング・イン・ザ・レイン」「プア・ジェニー」 「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」。
(Wikipediaより)

The Everly Brothers - Crying In The Rain

エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)は、主に1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーの兄弟によるデュオ。

兄のアイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly、1937年12月2日 - )はケンタッキー州のブラウニーで生まれた。弟のフィリップ・エヴァリー(Phillip Everly、1939年1月19日 - 2014年1月3日)はイリノイ州シカゴで生まれた。

1957年3月、ケーデンスから発表したデビュー・シングル「バイ・バイ・ラヴ」が全米2位を記録。以後、多くのヒット曲を生み出す。1960年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍。

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏でた。その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズやサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

1983年9月に再結成コンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが開かれ、翌年、12年ぶりとなるアルバム『EB 84』がリリースされた。アルバムのプロデューサーを務めたのはデイヴ・エドモンズ。また、シングルカットされた「ナイチンゲールの翼(On the Wings of a Nightingale)」を書いたのはポール・マッカートニーである。

デイヴ・エドモンズとニック・ロウは、ロックパイルのアルバムのボーナスEPでエヴァリー・ブラザーズの曲をカバーした。二人が歌った作品は以下の4曲。「メアリーへのメッセージ」「クライング・イン・ザ・レイン」「プア・ジェニー」 「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」。
(Wikipediaより)

The Everly Brothers - LET IT BE ME

エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)は、主に1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーの兄弟によるデュオ。

兄のアイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly、1937年12月2日 - )はケンタッキー州のブラウニーで生まれた。弟のフィリップ・エヴァリー(Phillip Everly、1939年1月19日 - 2014年1月3日)はイリノイ州シカゴで生まれた。

1957年3月、ケーデンスから発表したデビュー・シングル「バイ・バイ・ラヴ」が全米2位を記録。以後、多くのヒット曲を生み出す。1960年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍。

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏でた。その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズやサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

1983年9月に再結成コンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが開かれ、翌年、12年ぶりとなるアルバム『EB 84』がリリースされた。アルバムのプロデューサーを務めたのはデイヴ・エドモンズ。また、シングルカットされた「ナイチンゲールの翼(On the Wings of a Nightingale)」を書いたのはポール・マッカートニーである。

デイヴ・エドモンズとニック・ロウは、ロックパイルのアルバムのボーナスEPでエヴァリー・ブラザーズの曲をカバーした。二人が歌った作品は以下の4曲。「メアリーへのメッセージ」「クライング・イン・ザ・レイン」「プア・ジェニー」 「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」。
(Wikipediaより)

The Everly Brothers - Bye Bye Love

エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)は、主に1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーの兄弟によるデュオ。

兄のアイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly、1937年12月2日 - )はケンタッキー州のブラウニーで生まれた。弟のフィリップ・エヴァリー(Phillip Everly、1939年1月19日 - 2014年1月3日)はイリノイ州シカゴで生まれた。

1957年3月、ケーデンスから発表したデビュー・シングル「バイ・バイ・ラヴ」が全米2位を記録。以後、多くのヒット曲を生み出す。1960年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍。

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏でた。その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズやサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

1983年9月に再結成コンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが開かれ、翌年、12年ぶりとなるアルバム『EB 84』がリリースされた。アルバムのプロデューサーを務めたのはデイヴ・エドモンズ。また、シングルカットされた「ナイチンゲールの翼(On the Wings of a Nightingale)」を書いたのはポール・マッカートニーである。

デイヴ・エドモンズとニック・ロウは、ロックパイルのアルバムのボーナスEPでエヴァリー・ブラザーズの曲をカバーした。二人が歌った作品は以下の4曲。「メアリーへのメッセージ」「クライング・イン・ザ・レイン」「プア・ジェニー」 「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」。
(Wikipediaより)

The Everly Brothers - All I Have To Do Is Dream

エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)は、主に1950年代後半から1960年代前半に活躍した、ドン・エヴァリーとフィル・エヴァリーの兄弟によるデュオ。

兄のアイザック・ドナルド・エヴァリー(Isaac Donald Everly、1937年12月2日 - )はケンタッキー州のブラウニーで生まれた。弟のフィリップ・エヴァリー(Phillip Everly、1939年1月19日 - 2014年1月3日)はイリノイ州シカゴで生まれた。

1957年3月、ケーデンスから発表したデビュー・シングル「バイ・バイ・ラヴ」が全米2位を記録。以後、多くのヒット曲を生み出す。1960年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍。

カントリーの伝統である「クロース・ハーモニー」というスタイルでメロディーを奏でた。その美しいハーモニーはビートルズをはじめビーチボーイズやサイモン&ガーファンクルに多大な影響を与えた。1986年第一回ロックの殿堂の最初の10アーティストに選ばれた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第90位[。偉大な100人のシンガーの中では、唯一、兄弟でランクインしている。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第33位にランクインしている。

1983年9月に再結成コンサートがロンドンのロイヤル・アルバート・ホールが開かれ、翌年、12年ぶりとなるアルバム『EB 84』がリリースされた。アルバムのプロデューサーを務めたのはデイヴ・エドモンズ。また、シングルカットされた「ナイチンゲールの翼(On the Wings of a Nightingale)」を書いたのはポール・マッカートニーである。

デイヴ・エドモンズとニック・ロウは、ロックパイルのアルバムのボーナスEPでエヴァリー・ブラザーズの曲をカバーした。二人が歌った作品は以下の4曲。「メアリーへのメッセージ」「クライング・イン・ザ・レイン」「プア・ジェニー」 「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター