[/] ROCKPV Cocteau Twins

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Cocteau Twins - Evangeline

コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)は、1979年から1997年に活動したイギリス、スコットランドのロックバンド。

ヴォーカルのエリザベス・フレイザーが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第66位にランクインしている。

1983年のセカンド・シングル "Peppermint Pig" 発表後のツアーが終わって、ウィル・ヘッジーがグループを去った。バンドの最初の3作は、ヘッジーのリズミカルなベース・ライン、ガスリーのミニマリスティックなギター、フレイザーのボーカルの3つで成り立っていたが、2枚目のアルバム "Head over Heels" では、後の2つだけに頼らざるを得なくなった。

これはコクトー・ツインズの特徴的なサウンドを成長させることになった。このころから三拍子の曲が多くなる。 フレイザーの声は幽玄と粗野が入り交じり、ガスリーの強いエフェクトがかかったギターと結びついた。前作とはまったく異なったものになったが、"Head over Heels" はマスコミにも一般にも好評で迎えられた。

1983年に、コクトー・ツインズは4ADのディス・モータル・コイルのプロジェクトに参加し、そこでのガスリーとフレイザーによるティム・バックリィの "Song to the Siren" のカバーは大ヒットした。また、この作業中に彼らはサイモン・レイモンド(Simon Raymonde)に出会い、彼はこの年のうちにベースとしてグループに加わった。

サイモンが加わったコクトー・ツインズは、サードアルバム "Treasure"(1984年)、シングル "Aikea-Guinea"(1985年)等の評価の高い名作を続々とリリースした。
(Wikipediaより)

Cocteau Twins - Pearly Dewdrops' Drops

コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)は、1979年から1997年に活動したイギリス、スコットランドのロックバンド。

ヴォーカルのエリザベス・フレイザーが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第66位にランクインしている。

1983年のセカンド・シングル "Peppermint Pig" 発表後のツアーが終わって、ウィル・ヘッジーがグループを去った。バンドの最初の3作は、ヘッジーのリズミカルなベース・ライン、ガスリーのミニマリスティックなギター、フレイザーのボーカルの3つで成り立っていたが、2枚目のアルバム "Head over Heels" では、後の2つだけに頼らざるを得なくなった。

これはコクトー・ツインズの特徴的なサウンドを成長させることになった。このころから三拍子の曲が多くなる。 フレイザーの声は幽玄と粗野が入り交じり、ガスリーの強いエフェクトがかかったギターと結びついた。前作とはまったく異なったものになったが、"Head over Heels" はマスコミにも一般にも好評で迎えられた。

1983年に、コクトー・ツインズは4ADのディス・モータル・コイルのプロジェクトに参加し、そこでのガスリーとフレイザーによるティム・バックリィの "Song to the Siren" のカバーは大ヒットした。また、この作業中に彼らはサイモン・レイモンド(Simon Raymonde)に出会い、彼はこの年のうちにベースとしてグループに加わった。

サイモンが加わったコクトー・ツインズは、サードアルバム "Treasure"(1984年)、シングル "Aikea-Guinea"(1985年)等の評価の高い名作を続々とリリースした。
(Wikipediaより)

Cocteau Twins - Pandora

コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)は、1979年から1997年に活動したイギリス、スコットランドのロックバンド。

ヴォーカルのエリザベス・フレイザーが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第66位にランクインしている。

1983年のセカンド・シングル "Peppermint Pig" 発表後のツアーが終わって、ウィル・ヘッジーがグループを去った。バンドの最初の3作は、ヘッジーのリズミカルなベース・ライン、ガスリーのミニマリスティックなギター、フレイザーのボーカルの3つで成り立っていたが、2枚目のアルバム "Head over Heels" では、後の2つだけに頼らざるを得なくなった。

これはコクトー・ツインズの特徴的なサウンドを成長させることになった。このころから三拍子の曲が多くなる。 フレイザーの声は幽玄と粗野が入り交じり、ガスリーの強いエフェクトがかかったギターと結びついた。前作とはまったく異なったものになったが、"Head over Heels" はマスコミにも一般にも好評で迎えられた。

1983年に、コクトー・ツインズは4ADのディス・モータル・コイルのプロジェクトに参加し、そこでのガスリーとフレイザーによるティム・バックリィの "Song to the Siren" のカバーは大ヒットした。また、この作業中に彼らはサイモン・レイモンド(Simon Raymonde)に出会い、彼はこの年のうちにベースとしてグループに加わった。

サイモンが加わったコクトー・ツインズは、サードアルバム "Treasure"(1984年)、シングル "Aikea-Guinea"(1985年)等の評価の高い名作を続々とリリースした。
(Wikipediaより)

Cocteau Twins - Bluebeard

コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)は、1979年から1997年に活動したイギリス、スコットランドのロックバンド。

ヴォーカルのエリザベス・フレイザーが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第66位にランクインしている。

1983年のセカンド・シングル "Peppermint Pig" 発表後のツアーが終わって、ウィル・ヘッジーがグループを去った。バンドの最初の3作は、ヘッジーのリズミカルなベース・ライン、ガスリーのミニマリスティックなギター、フレイザーのボーカルの3つで成り立っていたが、2枚目のアルバム "Head over Heels" では、後の2つだけに頼らざるを得なくなった。

これはコクトー・ツインズの特徴的なサウンドを成長させることになった。このころから三拍子の曲が多くなる。 フレイザーの声は幽玄と粗野が入り交じり、ガスリーの強いエフェクトがかかったギターと結びついた。前作とはまったく異なったものになったが、"Head over Heels" はマスコミにも一般にも好評で迎えられた。

1983年に、コクトー・ツインズは4ADのディス・モータル・コイルのプロジェクトに参加し、そこでのガスリーとフレイザーによるティム・バックリィの "Song to the Siren" のカバーは大ヒットした。また、この作業中に彼らはサイモン・レイモンド(Simon Raymonde)に出会い、彼はこの年のうちにベースとしてグループに加わった。

サイモンが加わったコクトー・ツインズは、サードアルバム "Treasure"(1984年)、シングル "Aikea-Guinea"(1985年)等の評価の高い名作を続々とリリースした。
(Wikipediaより)

Cocteau Twins - Song To The Siren

コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)は、1979年から1997年に活動したイギリス、スコットランドのロックバンド。

ヴォーカルのエリザベス・フレイザーが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第66位にランクインしている。

1983年のセカンド・シングル "Peppermint Pig" 発表後のツアーが終わって、ウィル・ヘッジーがグループを去った。バンドの最初の3作は、ヘッジーのリズミカルなベース・ライン、ガスリーのミニマリスティックなギター、フレイザーのボーカルの3つで成り立っていたが、2枚目のアルバム "Head over Heels" では、後の2つだけに頼らざるを得なくなった。

これはコクトー・ツインズの特徴的なサウンドを成長させることになった。このころから三拍子の曲が多くなる。 フレイザーの声は幽玄と粗野が入り交じり、ガスリーの強いエフェクトがかかったギターと結びついた。前作とはまったく異なったものになったが、"Head over Heels" はマスコミにも一般にも好評で迎えられた。

1983年に、コクトー・ツインズは4ADのディス・モータル・コイルのプロジェクトに参加し、そこでのガスリーとフレイザーによるティム・バックリィの "Song to the Siren" のカバーは大ヒットした。また、この作業中に彼らはサイモン・レイモンド(Simon Raymonde)に出会い、彼はこの年のうちにベースとしてグループに加わった。

サイモンが加わったコクトー・ツインズは、サードアルバム "Treasure"(1984年)、シングル "Aikea-Guinea"(1985年)等の評価の高い名作を続々とリリースした。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター