[/] ROCKPV Peter Gabriel

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Peter Gabriel - The Barry Williams Show

ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。

世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

1975年、音楽性及びプライベートな理由でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップやトニー・レヴィン、ケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザーや民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、緻密な作りのプロモーション・ビデオがMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米No.1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米No.1となった。

映画のサウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディ』(1984年)と『パッション』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベストアルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年振りのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。

また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブアルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。
(Wikipediaより)

Peter Gabriel - Digging In The Dirt

ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。

世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

1975年、音楽性及びプライベートな理由でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップやトニー・レヴィン、ケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザーや民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、緻密な作りのプロモーション・ビデオがMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米No.1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米No.1となった。

映画のサウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディ』(1984年)と『パッション』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベストアルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年振りのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。

また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブアルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。
(Wikipediaより)

Peter Gabriel - Deep Forest - While the Earth sleeps

ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。

世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

1975年、音楽性及びプライベートな理由でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップやトニー・レヴィン、ケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザーや民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、緻密な作りのプロモーション・ビデオがMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米No.1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米No.1となった。

映画のサウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディ』(1984年)と『パッション』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベストアルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年振りのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。

また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブアルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。
(Wikipediaより)

Peter Gabriel - Steam

ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。

世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

1975年、音楽性及びプライベートな理由でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップやトニー・レヴィン、ケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザーや民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、緻密な作りのプロモーション・ビデオがMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米No.1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米No.1となった。

映画のサウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディ』(1984年)と『パッション』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベストアルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年振りのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。

また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブアルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。
(Wikipediaより)

Peter Gabriel - Red Rain

ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel、1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター。

世界的ロックバンド「ジェネシス」の初代ボーカリストとして有名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

『グラミー賞』6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で『ロックの殿堂』入り。

1975年、音楽性及びプライベートな理由でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップやトニー・レヴィン、ケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザーや民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、緻密な作りのプロモーション・ビデオがMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米No.1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米No.1となった。

映画のサウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディ』(1984年)と『パッション』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベストアルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年振りのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。

また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブアルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター