[/] ROCKPV Kings of Leon

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Kings Of Leon - Notion YouTube 動画

キングス・オブ・レオン(英: Kings of Leon)は、アメリカ・テネシー州ナッシュビル出身のロックバンド。

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年のグラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年のサマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランやポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている。

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす。(Wikipediaより引用)

Kings Of Leon - The Bucket YouTube 動画

キングス・オブ・レオン(英: Kings of Leon)は、アメリカ・テネシー州ナッシュビル出身のロックバンド。

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年のグラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年のサマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランやポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている。

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす。(Wikipediaより引用)

Kings Of Leon - WALLS YouTube 動画

キングス・オブ・レオン(英: Kings of Leon)は、アメリカ・テネシー州ナッシュビル出身のロックバンド。

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年のグラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年のサマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランやポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている。

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす。(Wikipediaより引用)

Kings Of Leon - Use Somebody YouTube 動画

キングス・オブ・レオン(英: Kings of Leon)は、アメリカ・テネシー州ナッシュビル出身のロックバンド。

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年のグラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年のサマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランやポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている。

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす。(Wikipediaより引用)

Kings Of Leon - Sex on Fire YouTube 動画

キングス・オブ・レオン(英: Kings of Leon)は、アメリカ・テネシー州ナッシュビル出身のロックバンド。

本国アメリカより一足先にイギリスで人気に火がつき、2008年のグラストンベリー・フェスティバルではヘッドライナーに抜擢された。2003年のサマーソニックで初来日。2007年にはフジロックにも出演している。

ボブ・ディランやポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーなどから高い評価を得ている。

2008年にリリースされた通算4枚目のアルバム『オンリー・バイ・ザ・ナイト』でバンドは大ブレイクを果たす。同アルバムは初登場で全英1位、全米5位を記録し、その後もセールスを伸ばし続けた。アルバムからのファースト・シングル「セックス・オン・ファイア」はUKシングルチャートで3週連続1位に輝き、またアメリカでもビルボードのHot Modern Rock Tracksチャートで1位(Hot 100では56位)を獲得。続く2ndシングル「ユーズ・サムバディ」もUKシングルチャート2位、Billboard Hot Modern Rock Tracksチャートでは再び1位(Hot 100では5位)を獲得した。アルバムはこれまでにイギリスで150万枚以上を売り上げ、またアメリカでも出荷枚数が100万枚を突破し、プラチナアルバムとなった(販売枚数は959,000枚)。

第52回グラミー賞において主要4部門の年間最優秀レコード、およびロック部門最優秀楽曲 (Best Rock Song)、最優秀ロック・パフォーマンス・ディオ/グループ(いずれもユーズ・サムバディによる)を受賞し、ノミネートされた4部門に対して3部門での受賞を果たす。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター