[/] ROCKPV Roxy Music

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Roxy Music-Editions Of You-Musikladen,Gemany YouTube 動画

ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む。

1971年初頭 - ロキシー・ミュージック結成。
ロイド、バン脱退 - 左記2人の後任としてポール・トンプソンとデヴィッド・オリストが加入。フィル・マンザネラもオーディションに応募したがギタリストとしては採用されず、サウンド・ミキサーとしてバンドに採用される。
3ヶ月後、オリスト脱退 - バンドの音楽性がオリストと合わず脱退し、マンザネラが正式にギタリストとしてバンドに加入する。
1972年2月14日 - EGマネジメント(EGレコード[4])と契約し、プロのバンドとして歩み出す。キング・クリムゾンの作詞家ピーター・シンフィールドのプロデュースによるデビュー・アルバム『ロキシー・ミュージック』を発表し、全英チャート10位となり、シングル『バージニア・プレイン』が4位となる。年8月デヴィッド・ボウイの前座として出演。ロキシー・ミュージックとして単独ツアーを行う。

ジェスロ・タルの前座として全米ツアー。アメリカでの評判はよくなく、2007年時点でも同様。全米チャートでは、アルバムでは『マニフェスト』(1979年)の23位、シングルでは『Love Is the Drug』(『恋はドラッグ』1975年)の30位が最高。
1973年3月 - 2作目のアルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表し、全英4位となる。ブライアン・フェリー自身はこのアルバムが最も気に入っている[6]。また、シングルのみの『パジャマラマ』もトップ10入りする。 ブライアン・イーノ脱退。

脱退理由は諸説流布されている。イーノの脱退によりバンドの人気に影響が出たため、EGプロダクションはバンドの中心にフェリーを置くことにして新な展開を図る。フェリーが初のソロ・アルバム『愚かなり、我が恋』(These Foolish Things)を発表し、全英5位になる。3作目のアルバム『ストランディッド』を発表し、初めて全英1位となる。このアルバムからエディ・ジョブソンがバンドに加入しているが、ジョブソンは既にフェリーのソロ・アルバムに参加している。(Wikipediaより引用)

Roxy Music - Love Is The Drug YouTube 動画

ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む。

1971年初頭 - ロキシー・ミュージック結成。
ロイド、バン脱退 - 左記2人の後任としてポール・トンプソンとデヴィッド・オリストが加入。フィル・マンザネラもオーディションに応募したがギタリストとしては採用されず、サウンド・ミキサーとしてバンドに採用される。
3ヶ月後、オリスト脱退 - バンドの音楽性がオリストと合わず脱退し、マンザネラが正式にギタリストとしてバンドに加入する。
1972年2月14日 - EGマネジメント(EGレコード[4])と契約し、プロのバンドとして歩み出す。キング・クリムゾンの作詞家ピーター・シンフィールドのプロデュースによるデビュー・アルバム『ロキシー・ミュージック』を発表し、全英チャート10位となり、シングル『バージニア・プレイン』が4位となる。年8月デヴィッド・ボウイの前座として出演。ロキシー・ミュージックとして単独ツアーを行う。

ジェスロ・タルの前座として全米ツアー。アメリカでの評判はよくなく、2007年時点でも同様。全米チャートでは、アルバムでは『マニフェスト』(1979年)の23位、シングルでは『Love Is the Drug』(『恋はドラッグ』1975年)の30位が最高。
1973年3月 - 2作目のアルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表し、全英4位となる。ブライアン・フェリー自身はこのアルバムが最も気に入っている[6]。また、シングルのみの『パジャマラマ』もトップ10入りする。 ブライアン・イーノ脱退。

脱退理由は諸説流布されている。イーノの脱退によりバンドの人気に影響が出たため、EGプロダクションはバンドの中心にフェリーを置くことにして新な展開を図る。フェリーが初のソロ・アルバム『愚かなり、我が恋』(These Foolish Things)を発表し、全英5位になる。3作目のアルバム『ストランディッド』を発表し、初めて全英1位となる。このアルバムからエディ・ジョブソンがバンドに加入しているが、ジョブソンは既にフェリーのソロ・アルバムに参加している。(Wikipediaより引用)

Roxy Music - Virginia Plain - Top Of The Pops YouTube 動画

ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む。

1971年初頭 - ロキシー・ミュージック結成。
ロイド、バン脱退 - 左記2人の後任としてポール・トンプソンとデヴィッド・オリストが加入。フィル・マンザネラもオーディションに応募したがギタリストとしては採用されず、サウンド・ミキサーとしてバンドに採用される。
3ヶ月後、オリスト脱退 - バンドの音楽性がオリストと合わず脱退し、マンザネラが正式にギタリストとしてバンドに加入する。
1972年2月14日 - EGマネジメント(EGレコード[4])と契約し、プロのバンドとして歩み出す。キング・クリムゾンの作詞家ピーター・シンフィールドのプロデュースによるデビュー・アルバム『ロキシー・ミュージック』を発表し、全英チャート10位となり、シングル『バージニア・プレイン』が4位となる。年8月デヴィッド・ボウイの前座として出演。ロキシー・ミュージックとして単独ツアーを行う。

ジェスロ・タルの前座として全米ツアー。アメリカでの評判はよくなく、2007年時点でも同様。全米チャートでは、アルバムでは『マニフェスト』(1979年)の23位、シングルでは『Love Is the Drug』(『恋はドラッグ』1975年)の30位が最高。
1973年3月 - 2作目のアルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表し、全英4位となる。ブライアン・フェリー自身はこのアルバムが最も気に入っている[6]。また、シングルのみの『パジャマラマ』もトップ10入りする。 ブライアン・イーノ脱退。

脱退理由は諸説流布されている。イーノの脱退によりバンドの人気に影響が出たため、EGプロダクションはバンドの中心にフェリーを置くことにして新な展開を図る。フェリーが初のソロ・アルバム『愚かなり、我が恋』(These Foolish Things)を発表し、全英5位になる。3作目のアルバム『ストランディッド』を発表し、初めて全英1位となる。このアルバムからエディ・ジョブソンがバンドに加入しているが、ジョブソンは既にフェリーのソロ・アルバムに参加している。(Wikipediaより引用)

Roxy Music - Do the Strand YouTube 動画

ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む。

1971年初頭 - ロキシー・ミュージック結成。
ロイド、バン脱退 - 左記2人の後任としてポール・トンプソンとデヴィッド・オリストが加入。フィル・マンザネラもオーディションに応募したがギタリストとしては採用されず、サウンド・ミキサーとしてバンドに採用される。
3ヶ月後、オリスト脱退 - バンドの音楽性がオリストと合わず脱退し、マンザネラが正式にギタリストとしてバンドに加入する。
1972年2月14日 - EGマネジメント(EGレコード[4])と契約し、プロのバンドとして歩み出す。キング・クリムゾンの作詞家ピーター・シンフィールドのプロデュースによるデビュー・アルバム『ロキシー・ミュージック』を発表し、全英チャート10位となり、シングル『バージニア・プレイン』が4位となる。年8月デヴィッド・ボウイの前座として出演。ロキシー・ミュージックとして単独ツアーを行う。

ジェスロ・タルの前座として全米ツアー。アメリカでの評判はよくなく、2007年時点でも同様。全米チャートでは、アルバムでは『マニフェスト』(1979年)の23位、シングルでは『Love Is the Drug』(『恋はドラッグ』1975年)の30位が最高。
1973年3月 - 2作目のアルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表し、全英4位となる。ブライアン・フェリー自身はこのアルバムが最も気に入っている[6]。また、シングルのみの『パジャマラマ』もトップ10入りする。 ブライアン・イーノ脱退。

脱退理由は諸説流布されている。イーノの脱退によりバンドの人気に影響が出たため、EGプロダクションはバンドの中心にフェリーを置くことにして新な展開を図る。フェリーが初のソロ・アルバム『愚かなり、我が恋』(These Foolish Things)を発表し、全英5位になる。3作目のアルバム『ストランディッド』を発表し、初めて全英1位となる。このアルバムからエディ・ジョブソンがバンドに加入しているが、ジョブソンは既にフェリーのソロ・アルバムに参加している。(Wikipediaより引用)

Roxy Music - Same Old Scene

ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む。

1971年初頭 - ロキシー・ミュージック結成。
ロイド、バン脱退 - 左記2人の後任としてポール・トンプソンとデヴィッド・オリストが加入。フィル・マンザネラもオーディションに応募したがギタリストとしては採用されず、サウンド・ミキサーとしてバンドに採用される。
3ヶ月後、オリスト脱退 - バンドの音楽性がオリストと合わず脱退し、マンザネラが正式にギタリストとしてバンドに加入する。
1972年2月14日 - EGマネジメント(EGレコード[4])と契約し、プロのバンドとして歩み出す。キング・クリムゾンの作詞家ピーター・シンフィールドのプロデュースによるデビュー・アルバム『ロキシー・ミュージック』を発表し、全英チャート10位となり、シングル『バージニア・プレイン』が4位となる。年8月デヴィッド・ボウイの前座として出演。ロキシー・ミュージックとして単独ツアーを行う。

ジェスロ・タルの前座として全米ツアー。アメリカでの評判はよくなく、2007年時点でも同様。全米チャートでは、アルバムでは『マニフェスト』(1979年)の23位、シングルでは『Love Is the Drug』(『恋はドラッグ』1975年)の30位が最高。
1973年3月 - 2作目のアルバム『フォー・ユア・プレジャー』を発表し、全英4位となる。ブライアン・フェリー自身はこのアルバムが最も気に入っている[6]。また、シングルのみの『パジャマラマ』もトップ10入りする。 ブライアン・イーノ脱退。

脱退理由は諸説流布されている。イーノの脱退によりバンドの人気に影響が出たため、EGプロダクションはバンドの中心にフェリーを置くことにして新な展開を図る。フェリーが初のソロ・アルバム『愚かなり、我が恋』(These Foolish Things)を発表し、全英5位になる。3作目のアルバム『ストランディッド』を発表し、初めて全英1位となる。このアルバムからエディ・ジョブソンがバンドに加入しているが、ジョブソンは既にフェリーのソロ・アルバムに参加している。(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト