[/] ROCKPV Rancid

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Radiohead - Optimistic - Live From The Basement YouTube 動画

レディオヘッド(Radiohead)は、イギリスのロックバンド。

1985年にオックスフォードで前身バンドを結成。1992年のメジャー・デビュー以降、外部ミュージシャンの起用は多いものの、同じパーマネント・メンバーで活動している。

彼らのルーツであるポストパンクやオルタナティヴ・ロックの大枠に、ポストロックや電子音楽、ジャズ、クラシック、現代音楽などを混交した多彩な音楽性や、アルバムごとの急進的な実験性・変化が特徴。また、ソロ活動も盛んである。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第73位。

レディオヘッドのメンバーは、ジョイ・ディヴィジョンやマガジン、ザ・スミス、ジャパン、U2といったポストパンクや、ピクシーズやR.E.M.やソニック・ユースといったオルタナティヴ・ロックに早くから影響を受けてきた。また、トムは小学生の頃にはクイーンなどを好み、エルヴィス・コステロなども聴いていた。1990年代半ばにはマッシヴ・アタックやDJシャドウなどのエレクトロヒップホップからの影響をうかがわせ、それらは『OK コンピューター』に顕著である。[18]他に『OK コンピューター』にはマイルス・デイヴィス、エンニオ・モリコーネなどや、ビートルズやビーチ・ボーイズ、ピンク・フロイドなどからの参照が見受けられ、メンバーもそれを公言している。

『キッド A』で、メンバーはグリッチやアンビエントなどのエレクトロニカの手法に関心を見せ、ワープ・レコーズのオウテカやエイフェックス・ツインといったアーティストの音楽性に接近していった。またそれ以降、モダン・ジャズのアリス・コルトレーンやマイルス・ディヴィス、チャールズ・ミンガス、アート・ブレイキーなども好んで参照し、カン、ノイ!、クラフトワークなどのクラウト・ロックの影響も顕著である。特にジョニーはいわゆる現代音楽や、オリヴィエ・メシアン、クシシュトフ・ペンデレツキ などの独特の方法論を持った音楽家からの影響も大きい。

レディオヘッドの楽曲は、基本的に作詞/作曲のクレジットがメンバー全員(Radiohead)となっている。これは、曲の大枠やデモの多くを作るのはトムだが、そこからさらに議論を重ねてそこに肉付けしたり、逆に削ったりすることで楽曲の元を作っているからである。録音についてもパート別に順ぐり録音したりするのではなく、メンバー全員とプロデューサーでアレンジを議論し、個々がパートにとらわれずに音楽を作っている。パートごとの演奏者もまちまちで、あまり問題とされない。ストリングスやブラスバンド主体の曲などでは、楽隊を呼んで録音するため、そもそもメンバーが譜面やアレンジを指示するだけで演奏しないこともあり得る。歌詞については、基本的にほぼ全てがトムによって作詞・推敲される。(Wikipediaより引用)

Rancid - Last One To Die YouTube 動画

ランシド (Rancid) は、1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー(通称イースト・ベイ)で結成されたパンクロック・バンド。

1992年に、シングルEP『Rancid』をルックアウト・レコードよりリリース、翌1993年には、エピタフ・レコードと契約し、1stアルバム『ランシド - Rancid - 』をリリースする。このデビューアルバムに伴うUS・ヨーロッパツアー後に、元UKサブスのラーズ・フレデリクセンがギタリスト兼ボーカリストとして加入する。またこの年には、NOFXのファット・マイクが経営するファット・レック・コーズよりシングルEP『Radio Radio Radio』をリリースする。

1994年には、2ndアルバム『レッツ・ゴー - Let's Go - 』をリリースし、それに伴うワールドツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディーズ・レーベルにとどまることを選択する。

1995年には、それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーとしてグリーン・デイなどを手掛けたジェリー・フィンを、ミキサーとしてニルヴァーナ、ソニック・ユースなどを手掛けたアンディ・ウォーラスらを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ - ...And Out Come The Wolves - 』をリリース。シングルカットされた「タイム・ボム - Time Bomb - 」の大ヒット、ワールドツアーの成功などにより、このアルバムはアメリカや日本など各国でゴールドディスクを獲得する。(Wikipediaより引用)

Social Distortion - Story of My Life YouTube 動画

ランシド (Rancid) は、1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー(通称イースト・ベイ)で結成されたパンクロック・バンド。

1992年に、シングルEP『Rancid』をルックアウト・レコードよりリリース、翌1993年には、エピタフ・レコードと契約し、1stアルバム『ランシド - Rancid - 』をリリースする。このデビューアルバムに伴うUS・ヨーロッパツアー後に、元UKサブスのラーズ・フレデリクセンがギタリスト兼ボーカリストとして加入する。またこの年には、NOFXのファット・マイクが経営するファット・レック・コーズよりシングルEP『Radio Radio Radio』をリリースする。

1994年には、2ndアルバム『レッツ・ゴー - Let's Go - 』をリリースし、それに伴うワールドツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディーズ・レーベルにとどまることを選択する。

1995年には、それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーとしてグリーン・デイなどを手掛けたジェリー・フィンを、ミキサーとしてニルヴァーナ、ソニック・ユースなどを手掛けたアンディ・ウォーラスらを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ - ...And Out Come The Wolves - 』をリリース。シングルカットされた「タイム・ボム - Time Bomb - 」の大ヒット、ワールドツアーの成功などにより、このアルバムはアメリカや日本など各国でゴールドディスクを獲得する。(Wikipediaより引用)

Rancid - "Collision Course," "Honor Is All We Know," & "Evil's My Friend YouTube 動画

ランシド (Rancid) は、1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー(通称イースト・ベイ)で結成されたパンクロック・バンド。

1992年に、シングルEP『Rancid』をルックアウト・レコードよりリリース、翌1993年には、エピタフ・レコードと契約し、1stアルバム『ランシド - Rancid - 』をリリースする。このデビューアルバムに伴うUS・ヨーロッパツアー後に、元UKサブスのラーズ・フレデリクセンがギタリスト兼ボーカリストとして加入する。またこの年には、NOFXのファット・マイクが経営するファット・レック・コーズよりシングルEP『Radio Radio Radio』をリリースする。

1994年には、2ndアルバム『レッツ・ゴー - Let's Go - 』をリリースし、それに伴うワールドツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディーズ・レーベルにとどまることを選択する。

1995年には、それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーとしてグリーン・デイなどを手掛けたジェリー・フィンを、ミキサーとしてニルヴァーナ、ソニック・ユースなどを手掛けたアンディ・ウォーラスらを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ - ...And Out Come The Wolves - 』をリリース。シングルカットされた「タイム・ボム - Time Bomb - 」の大ヒット、ワールドツアーの成功などにより、このアルバムはアメリカや日本など各国でゴールドディスクを獲得する。(Wikipediaより引用)

Rancid - Spirit of '87 YouTube 動画

ランシド (Rancid) は、1991年にアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー(通称イースト・ベイ)で結成されたパンクロック・バンド。

1992年に、シングルEP『Rancid』をルックアウト・レコードよりリリース、翌1993年には、エピタフ・レコードと契約し、1stアルバム『ランシド - Rancid - 』をリリースする。このデビューアルバムに伴うUS・ヨーロッパツアー後に、元UKサブスのラーズ・フレデリクセンがギタリスト兼ボーカリストとして加入する。またこの年には、NOFXのファット・マイクが経営するファット・レック・コーズよりシングルEP『Radio Radio Radio』をリリースする。

1994年には、2ndアルバム『レッツ・ゴー - Let's Go - 』をリリースし、それに伴うワールドツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディーズ・レーベルにとどまることを選択する。

1995年には、それまでレコーディングに1週間以上費やしたことのなかった彼らが、プロデューサーとしてグリーン・デイなどを手掛けたジェリー・フィンを、ミキサーとしてニルヴァーナ、ソニック・ユースなどを手掛けたアンディ・ウォーラスらを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した3rdアルバム『…アンド・アウト・カム・ウルヴズ - ...And Out Come The Wolves - 』をリリース。シングルカットされた「タイム・ボム - Time Bomb - 」の大ヒット、ワールドツアーの成功などにより、このアルバムはアメリカや日本など各国でゴールドディスクを獲得する。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター